Office搭載の安いノートパソコンはコレだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いまや学生やビジネスマンの多くがノートパソコンでワードやエクセルを使っております。これからどうしても論文や仕事でオフィス付きのノートパソコンが必要!という人も多いのではないでしょうか?

・オフィス搭載(ワード、エクセル付き)のノートパソコンが必要。

・テンキー付きの数字入力がしやすいノートパソコンが欲しい。

・予算がないのでノートパソコンの価格を安く抑えない。

今回はこんなニーズにお応えするために、ノートパソコンでオフィス(ワード、エクセルなど)での作業をメインに考えている場合、どんなノートパソコンを選べばいいのか解説いたします。

スポンサーリンク

オフィス搭載の安いノートパソコンはコレだ!

テンキー付きのモデルとテンキー無しのモデル

オフィス付きのノートパソコンを買うときに検討したいのが、テンキー付きのノートパソコンにするかどうかです。テンキーとはキーボードの右側にある数字入力ができる部分を言います。

ワードだけの利用ならテンキーがなくてもそれほど支障はないと思いますが、エクセルで数値入力をすることが多い場合はテンキーがあった方が絶対に便利です。

テンキーは更に4列式3列式に分かれます。数字入力の右側にエンターキーの列が有るか無いかの違いです。エンターキーはよく利用するので、4列式のほうが僕は便利だと思います。

ただテンキー付きのノートパソコンは、液晶やキーボードサイズが大きくなるため、ノートパソコンの本体価格が高くなるのと重量が重くなります。重いと当然持ち運びしにくくなってしまいますので注意が必要です。

テンキー無しのモデルでも、別売りにはなりますが外付けでUSB接続のテンキーを使うという手もあります。

オフィスはマイクロソフトだけではない

パソコンの仕様欄を見るとオフィス搭載欄によく「WPS Office」という記載があります。

WPS Officeとは、キングソフト株式会社が提供しているオフィスソフトサービスを言います。ワード、エクセル、パワーポイントと同等の機能を備えたオフィスソフトです。

Microsoft Officeと高い互換性のあるオフィスソフトとなり、Microsoft社が提供するOfficeサービスとは異なります。

価格はキングソフトオフィスのほうが、マイクロソフトオフィスよりも圧倒的に安いです。個人向けで価格を比較すると、キングソフトオフィスは3,000円程度に対してマイクロソフトオフィスは20,000円近くかかります。

現在はオフィス付きの安いノートパソコンの大半に、キングソフトが入っていることが多いです。利用についてはほとんど遜色ありませんので、単純にワードやエクセルを利用する目的なら、キングソフトオフィスで安く済ますのも有りだと思います。

カスタマイズでオフィスを追加することもできる

ノートパソコンにはオフィスが搭載されていないモデルもあります。でも大丈夫!

BTOパソコンはカスタマイズ注文をすることができるので、別途有料加算とはなりますが、注文時にオフィスを追加して購入することができます。

また注文時に、キングソフトオフィスかマイクロソフトオフィスかどちらか選ぶことも可能です!

2万円台で買えるオフィス付きノートパソコン

FRONTIERで販売されているノートパソコン「FRT210P

OS Windows10 Pro 64ビット
CPU インテル Atom x5-Z8350
メモリ 4GB
ストレージ 64GB eMMC
液晶画面 10.1インチ(解像度800 x 1280)
グラフィック インテルHDグラフィックス
光学ドライブ なし
重量 約595g(バッテリー含む)
バッテリー駆動時間 約5時間
office搭載 Office MobileをWindowsストアから無料でダウンロード

■製品特徴
・着脱式のキーボードを使えば、入力もスピーディーに。角度の調整ができるので、見やすい角度で使えて作業効率がアップします。

・キーボードとタブレットは畳んだ状態にもでき、カバー代わりにもなります。そのままカバンにすっぽり収納でき、持ち運びにとても便利です。

・IPS方式の液晶パネル(800 x 1280)を搭載。明るく鮮やかな色表示を実現します。

・無線LANによるインターネット通信に対応。さらにBluetoothでマウスやキーボードなどの外部機器を接続して使用することもできます。miniHDMI出力でプレゼンにも最適です。

・Office MobileをWindowsストアから無料でダウンロードできます。Office文書を閲覧・簡易編集が可能です。

FRT210P

BTOパソコン大手のドスパラから販売されている「Altair VH-AD3L

OS Windows10 Pro 64ビット
CPU インテル Celeron N3450
メモリ 4GB
ストレージ 64GB eMMC
液晶画面 14インチ(解像度:1366×768)
グラフィック インテルHDグラフィックス500(CPU内蔵) 
光学ドライブ なし
重量 約1.6kg (バッテリー含む)
バッテリー駆動時間 約7.9時間
office搭載 KINGSOFT WPS Office (ワープロ/表計算/プレゼンテーション)

■ユーザーレビュー
・移動時用のPCに購入しました。インタネット・Office・コマンドプロンプト・動画視聴が主用途です。 動作も良好。外観もキーボード面のアルミ削り出し風処理等、なかなか好印象です。 3年程度で償却するとして月々1千円の使用料は上々でしょう。 納期もグッド。金曜日夜に発注し月曜日に到着しました。

・長所は、CPUがCeleronなのでAtomより早い。バッテリーが意外に持ちます。メモリーが4GBあるのでアプリをたくさん開けます。Cドライブが64GBあるのでWindows10の大きなアップデートは問題なくできます。 最低限のアプリケーションをインストールして使用できます。 短所はACアダプターのケーブルが短い。(あと50cm長い方がよい)CドライブがeMMC(フラッシュメモリー)なので寿命がどれくらい持つかが心配です。キーボードの配列や横の幅が少し変わっているのでなれが必要です。   

・高校生の子ども用に購入しましたが、デザインと使用がっても良く、通常のウエブ閲覧や資料作成には全く問題なく使えます。軽量なので、SSDを増設して私の出張用にも使う予定です。

Altair VH-AD3L

3万円台で買えるオフィス付きノートパソコン

BTOショップ大手のドスパラで販売されている「Altair VH-AD3L Proモデル

■スペック
OS:Windows10 Pro 64ビット
CPU:インテル Celeron N3450
メモリ:4GB DDR3L(PC3L-12800)
ストレージ:64GB eMMC
液晶:14インチ(解像度、1366×768)
グラフィック:インテル HDグラフィックス500(CPU内蔵) 
光学ドライブ:無し
バッテリー駆動時間:約7.9時間
重量:約1.6kg (バッテリー含む)
office搭載:KINGSOFT WPS Office (ワープロ/表計算/プレゼンテーション)

■ユーザーレビュー
・家族の共有PCとして購入。メインの使用はネット、文書作成、デジカメ写真閲覧等の軽い作業。 後ほど2.5インチSSDを増設しOSクローンの予定。無線ac接続できるので快適。メモリを増設できればなお良かった。ACアダプタの形状が環境によっては隣のプラグを占有してしまうので要注意。また線が細いので断線が心配。光学ドライブや有線LANアダプタは外付けで対応できるがせっかくの携帯性が損なわれる。いろいろと割り切ったうえでサブPCとして使用する分には大変満足。 

Altair VH-AD3L Proモデル

4万円台で買えるオフィス付きノートパソコン

FRONTIERで販売されているノートパソコン「FRNLKP440

■スペック
OS:Windows10 Home 64ビット
CPU:インテル Pentium 4415U
メモリ:4GB
ストレージ:500GB HDD
グラフィック:インテルHDグラフィックス610
光学ドライブ:DVDマルチドライブ
無線LAN:IEEE802.11 ac/b/g/n(最大 433 Mbps)+Bluetooth 4.2
液晶:15.6型ワイド非光沢液晶(解像度1366×768)
バッテリー駆動時間:未掲載
重量:約2.1kg (バッテリー含む)
office搭載:KINGSOFT WPS Office (ワープロ/表計算/プレゼンテーション)

■製品特徴
・NLKシリーズは 15.6型液晶を搭載したインターネットやOfficeソフトなどの比較的標準的な使い方にオススメなノートPCです。Giga LAN、Bluetooth、Webカメラ、USB3.0を標準装備し、インタラクティブに特化しています。さらに最厚部で24.7mmと 薄い構造で、カバンからの出し入れもスムーズに行えます。外観はパームレスト部と天板がクロームメタリックカラーのシンプルなデザインです。

・リビングにある大画面テレビとケーブル1本でつないで、パソコンの中のデジタルコンテンツを家族や友達みんなで楽しむことができます。

・ノートPCでは、3列のテンキーを採用していることが多いですが、NLKシリーズは、デスクトップと同じ4列のテンキーを搭載しています。数字を入力することが多い、さまざまなビジネスシーンで活躍します。表計算ソフトなどを使用する際も、思いのままスムーズに数字データを入力できます。また、キーボードはキーの間隔が広いアイソレーション方式となっており、タイピングミスを減らすことができます。

FRNLKP440

BTOショップ大手のドスパラで販売されている「Altair VH-AD3NS SSD搭載モデル

■スペック
OS:Windows10 Home 64ビット
CPU:インテル Celeron N3450
メモリ:4GB
ストレージ:240GB SSD
液晶画面:14インチ(解像度1366×768) 光沢液晶
グラフィック:インテルHDグラフィックス500(CPU内蔵) 
光学ドライブ:なし
バッテリー駆動時間:約7.9時間
重量:約1.6kg (バッテリー含む)
office搭載:なし

■ユーザーレビュー
・仕事用で買いました。仕事で使用する分には充分です。

・初のSSDやはり早いですね!

・気軽に使う分には最高です! 動きもそんなに遅くないし、使いやすいし! 少し容量少ないかなと思ったので、容量だけ増やしました! 容量増やすのおすすめします!

・キーボードの配列が、やや普通とは違うので、慣れが必要です。サイズのわりに軽量で使い勝手は良いと思います。使い込むのが楽しみです。

・コスパ最高です。ネットや文書作成くらいであれば、十分なスペックです。

・サブPCとして購入。ネットや動画を見るくらいなら全く問題なしです。筐体はプラスチックですが、安物感はありません。液晶の視野角がやや狭いので角度に気を使います。 CPUは非力なのWindowsUpdateにかなり時間がかかりますので、注意が必要です。

・一般的な作業を行うには十分な性能だと思います。 デザインもシンプルで使いやすいです。 SSDのみカスタマイズしました起動も早くて大変満足しています。

Altair VH-AD3NS SSD搭載モデル

5万円台で買えるオフィス付きノートパソコン

FRONTIERで販売されているノートパソコン「FRNS110/D

■スペック
OS:Windows10 Home 64ビット
CPU:インテルCeleronプロセッサー 3865U
メモリ:4GB
ストレージ:320GB SSD
グラフィック:インテルHDグラフィックス610 (CPUに内蔵)
液晶画面:13.3型ワイド・フルHD非光沢液晶(解像度1920 x 1080)(LEDバックライト)
光学ドライブ:無し
無線LAN:IEEE802.11 a/b/g/n/ac(最大 867Mbps) + Bluetooth 4.2マルチカードリーダー
バッテリー駆動時間:約7.5時間
重量:約1.45kg (バッテリー含む)
office搭載:KINGSOFT WPS Office (ワープロ/表計算/プレゼンテーション)30日無料体験版

■製品特徴
・NSシリーズは 第8世代Coreシリーズ(開発コードKaby Lake R)を搭載したFRONTEIRでは今まで無かった持ち運びに便利な13.3型のノートPCです。Giga LAN、Bluetooth、Webカメラ、USB3.0を標準装備し、家でも仕事でも幅広く使用できます。大きさは最厚部で17.8mmと薄く、重さは1.45Kgと軽量で、カバンからの出し入れもスムーズに行えます。色は天板と底面がダークブラウン、パームレスト部と液晶周りはライトピンクシルバーで、外観は余分な装飾が無くシックなデザインです。(Celeronモデルは第7世代CPUを搭載。)

・全てのグレードで光の反射が少なく見えやすい非光沢フルHD液晶(1920×1080ドット)を搭載。エクセル表などの表計算ソフトの情報を多く表示でき、事務作業がはかどります。

・HDMIとMini DisplayPortを搭載しており、プロジェクターや大型テレビに繋げばノート本体と同じ画面を出力でき、プレゼンも簡単です。

FRNS110/D

Lenovoで販売されている「ThinkPad E480

■スペック
OS
:Windows10 Home 64ビット
CPU:インテル Core i3-7020U
メモリ:4GB
ストレージ:500GB HDD, 7200rpm (SATA)
液晶画面:14.0型HD液晶 (解像度1366×768)
グラフィック:インテル HD グラフィックス 620
光学ドライブ:なし
バッテリー駆動時間:未掲載
重量:未掲載
office搭載:なし

■ユーザーレビュー
電源立ち上げからブラウザ(Edge)の表示までが気丈に早い。また、ThinkPad特有のトラックポインタも使い易い。

・この価格でカジュアルにゲームをしたり仕事をしたりするのに申し分のない構成を組めます。CPUやメモリーだけでなくグラフィックボードも選べるのでオフィス用途はもちろん遊びの用途にも十分使え幅広く活躍します。支払方法が柔軟なのも素晴らしい。

・とにかく快調。coai3なのに、一昔前のi7と同じくらい快適な動作。普通の仕事をするには必要十分。

ThinkPad E480

まとめ

今回ご紹介したノートパソコンはどれも安くてお得なものばかり。ぜひ利用されてみては?!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加