Office搭載の安いノートパソコンはコレだ!

オフィス作業メインのノートパソコンが欲しい。

数字入力がしやすいテンキーのあるノートパソコンが欲しい。

予算が少ないので、なるべく価格を安く抑えたい!

さて、あなたは必要に迫られOffice作業メインの安いノートパソコンをお探しですか?

Office作業メインの安いノートパソコンと言っても、人によってワード、エクセル、PowerPointなど使用目的や用途でおすすめも変わってきます。

会社員なら仕事の資料、学生さんならレポートや卒業論文、主婦なら家計簿など、ワードやエクセルはさまざまな用途で使われています。使用頻度も職場では毎日のようにオフィスを使いますが、プライベート用ならたまに使う程度かもしれません。

そんな身の回りで親しみのあるオフィス付きのノートパソコンですが、自分に合った1台を買うとなると、価格、性能、評判などを調べたりで時間と手間でストレスも溜まり大変です。

またワード、エクセル、ネット、動画視聴ができるノートパソコンがあればよいと思っていても、パソコンの知識不足から高性能パソコンを選んでしまい逆に高い買い物をしてしまう恐れもあります。

実はワード、エクセル、PowerPointなどオフィス作業がメインならば、それほどハイスペックなノートパソコンでなくても大丈夫です!

そこで今回は、あなたの用途に合うオフィス搭載ノートパソコンが見つかるように、オフィス搭載パソコンの選び方、オフィスの種類、おすすめの安いノートパソコンを下記の順番で詳しくご解説していきます!

スポンサーリンク

オフィス搭載ノートパソコンの選び方

はじめにオフィス搭載ノートパソコンの選び方について解説します。

オフィス搭載のノートパソコンが安いからと買ってみたら「動作がモッサリして重い!」「数字が入力しづらい!」なんてことにならないよう、ここでは最低限押さえておきたいスペックについて解説します。

ワード、エクセル、PowerPointなどはそれほど重い作業ではないので、ハイスペックなノートパソコンでなくても大丈夫です。

ただオフィス作業を快適にするには、CPU、メモリ、ストレージの最低限必要なスペックを知ることが重要です。

安いからと言って、あまりにスペックの低いパソコンを選んでしまうと、ちょっと画面を同時に開いただけで快適に動作してくれません。

次に、パソコンにテンキーが付いていることで数字入力が格段にしやすくなります。

ここではCPU、メモリ、ストレージの選び方とテンキーの種類について話していきます。

CPUはCore i3以上かRyzen3以上

パソコンの頭脳にあたるのがCPUです。

CPUのメーカーは「インテル」と「AMD」の2社が有名です。

インテルのCPUはコア数やスレッド数に応じて世代ごとに名称が分かれており、左側のCore i9が一番高性能のCPUになります。

Core i9 > Core i7 > Core i5  > Core i3 > Pentium > Celeron > Atom

Celeron搭載の安いノートパソコンが多く販売されていますが、価格が安くても処理速度の部分でいまいち安心できません。CeleronはCPUの廉価版だからです。

AMDのCPUも世代ごとに名称が分かれており、Ryzen9が一番高性能のCPUになります。

Ryzen9>Ryzen7>Ryzen5>Ryzen3

ノートパソコンの場合、一度購入してしまうと後からCPUだけを交換するのは難しくなります。オフィスを使った文書作成程度とは言え、快適に作業したいのならインテルならCore i3以上、AMDならRysen3以上を搭載したパソコンをおすすめします。

メモリは4GB以上

メモリはCPUとストレージ(SSDやHDD)の間に立ってデータの受け渡しをしてくれます。

メモリの容量が大きければ大きいほどソフトやアプリの同時処理が速くなります。

ただ繰り返しになりますが、オフィスでの作業は重い作業ではないのでメモリは4GB~8BG程度あればスペックとしては十分起動します。

ストレージはSSD搭載モデルを選ぶこと

ストレージはデータを保存する場所です。

ストレージにはSSDとHDDの2種類がありますが、オフィスの読み込みを速くしたいのならSSD搭載モデルを選ぶべきです。

なぜならSSDの読み込み速度はHDDよりも圧倒的に速いからです。OSはストレージに保存されるためパソコンの起動も早くなります。

SSDはHDDと比較して価格は高くなりますが、せっかちな人や忙しいサラリーマンにはSSDが搭載されたノートパソコンがおすすめです。

SSDの容量は128GB以上、又は、128GB以上+HDDのパソコンがおすすめです。

数字が打ちやすいテンキー(4列、3列)があるモデル

オフィス作業では必ずと言っていいほど数字入力をします。

オフィス付きのノートパソコンを選ぶ際に検討したいのが、数字入力がしやすいテンキー付きのノートパソコンを選ぶかどうかです。

テンキーとはキーボードの右側にある数字入力ができる部分を言います。

テンキー4列と3列のモデル

テンキー無しのモデル

ワードだけの利用ならテンキーがなくてもそれほど支障はないと思いますが、エクセルで数字入力をすることが多い場合はテンキーがあった方が絶対に便利です!

更にテンキーには4列式3列式があります。4列式には数字入力の右側にEnterキーの列が有りますが、3列式にはEnterキーの列がありません。

オフィス作業ではEnterキーをよく使いますので、4列式のほうが僕は便利だと思います!

ただテンキー付きのノートパソコンは液晶やキーボードサイズが大きくなるため、ノートパソコンの本体価格が高くなるのと重量が重くなります。重いと当然持ち運びしにくくなってしまいますので注意が必要です。

テンキー無しのモデルでも、別売りにはなりますが外付けでワイヤレスタイプやUSB接続タイプのテンキーを使うという手もあります。

ノートパソコンに搭載されるオフィスの種類

オフィスソフトと言えばマイクロソフトが有名です。マイクロソフトのオフィスにはグレードが3種類に分かれておりグレードによりソフトの数と価格が変わってきます。

またマイクロソフトよりも価格が安いのがキングソフト社のオフィスソフトで、価格が安いことから最近では多くのノートパソコンに搭載されるようになりました。

ここではマイクロソフト、キングソフトそれぞれのオフィスについて解説します。

マイクロソフトオフィスの種類

マイクロソフトオフィスには3種類のエディションがあり、エディションにより利用できるソフトが変わってきます。

  • Office Personal(ご家庭向けの基本ソフト)
  • Office Home&Business(資料作成向け)
  • Office Professional(全てが詰まった最上位)

エディション名Office PersonalOffice Home&BusinessOffice Professional
ソフト

Word

Excel

Outlook

Word

Excel

Outlook

PowerPoint

Onenote

Word

Excel

Outlook

PowerPoint

Onenote

Publisher

Access

まずはノートパソコンにどのオフィスが搭載されているのかを確認してみましょう。

また「プリインストール版」という表記のノートパソコンがありますが、プリインストール版とは「買った時に最初からオフィスが入っている」という意味になります。

プリインストール版は永続ライセンスで、インストールされたパソコンが壊れるまで永続的にオフィスの使用ができて最新版のオフィスへのアップグレードも可能です。

ただしオフィスが利用できるのは購入したパソコンのみで、他のパソコンへのライセンス移管はできませんので注意してください。

WPS Officeとは

パソコンの仕様欄を見るとオフィス搭載欄によく「WPS Office」という記載があります。

WPS Officeとは、キングソフト株式会社が提供しているオフィスソフトサービスを言います。ワード、エクセル、パワーポイントと同等の機能を備えたオフィスソフトになります。

見た目や操作方法は、マイクロソフトとほぼ同じです。

マイクロソフトオフィスと高い互換性のあるオフィスソフトとなりますが、マイクロソフトが提供するオフィスサービスとは異なります。

価格はキングソフトオフィスのほうが、マイクロソフトオフィスよりも圧倒的に安いです。

個人向けで価格を比較すると、キングソフトオフィスは3,000円程度に対してマイクロソフトオフィスは20,000円近くかかります。

現在はオフィス付きの安いノートパソコンの大半に、キングソフトが入っていることが多いです。

利用についてはほとんど遜色ありませんので、単純にワードやエクセルを利用する目的なら、キングソフトオフィスで安く済ますのも有りだと思います。

オフィスが搭載されていないノートパソコン

ネット通販で販売されているノートパソコンには、オフィスソフトが搭載されていないモデルもありますが、モデルによっては購入時にカスタマイズしてオフィスソフトを追加することも可能です。種類もカスタマイズ購入時にマイクロソフトかキングソフトかの、いずれかを選ぶことができるモデルもあります。

オフィス搭載の安いノートパソコンはコレだ!

それではおすすめのオフィス搭載ノートパソコンをご紹介します。

オフィス搭載ノートパソコンはたくさんありますが、その中でも特に価格が安く性能も高くコスパのよいモデルを厳選しました。

ASUS

VivoBook

90,728円~(税抜)

おすすめポイント!

パソコンの脳にあたるCPUはインテル最新の第10世代を搭載。SSDも256GB搭載しているのでPC起動が早いです。

ネット検索や動画閲覧はもちろん、無線LANにも対応しているのでWi-Fiでのネットワーク接続も可能。

またマイクロソフトオフィスはMicrosoft Office Home and Business 2019搭載でレポートや資料作成もOK!

その他、キーボードは数字入力がしやすいテンキー3列。液晶は15.6インチで解像度は1920×1080のフルHD画質で見やすい!

ASUS VivoBook 15 X512JA icon

マウスコンピューター

X4シリーズ

98,800円~(税抜)

おすすめポイント!

パソコンの脳にあたるCPUはインテル最新の第10世代を搭載。SSDも256GB搭載しているのでPC起動が早いです。

ネット検索や動画閲覧はもちろん、無線LANにも対応しているのでWi-Fiでのネットワーク接続も可能。

またマイクロソフトオフィスは3種類のエディションから選択可能なので、Word、Excel、PowerPointでのレポートや資料作成もOK!

尚、カスタマイズ購入でメモリとストレージの容量アップもできるので、写真やデータ保存が多い人はそれぞれの容量を増やすことでたくさんのデータ保存が可能に。

その他、液晶は14インチで解像度は1920×1080のフルHD画質で見やすい!

商品詳細はこちら

パソコン工房

STYLE-15FH054-i3-UCSS

73,960円~(税抜)

おすすめポイント!

パソコンの脳にあたるCPUはインテル最新の第10世代を搭載。SSDも480GB搭載しているのでPC起動が早いです。

ネット検索や動画閲覧はもちろん、無線LANにも対応しているのでWi-Fiでのネットワーク接続も可能。

またマイクロソフトオフィスは3種類のエディションから選択可能なので、Word、Excel、PowerPointでのレポートや資料作成もOK!

更に光学ドライブも搭載でDVD、CDの再生、書き込みもできるため映画や音楽も楽しめます。

尚、カスタマイズ購入でメモリとストレージの容量アップもできるので、写真やデータ保存が多い人はそれぞれの容量を増やすことでたくさんのデータ保存が可能に。

その他、キーボードは数字入力がしやすいテンキー4列。液晶は15.6インチで解像度は1920×1080のフルHD画質で見やすい!

商品詳細はこちら icon

フロンティア

NLCシリーズ

69,800円~(税抜)

おすすめポイント!

パソコンの脳にあたるCPUはインテル最新の第10世代を搭載。SSDも512GB搭載しているのでPC起動が早いです。

ネット検索や動画閲覧はもちろん、無線LANにも対応しているのでWi-Fiでのネットワーク接続も可能。

またマイクロソフトオフィスは3種類のエディションから選択可能なので、Word、Excel、PowerPointでのレポートや資料作成もOK!

更に光学ドライブも搭載でDVD、CDの再生、書き込みもできるため映画や音楽も楽しめます。

尚、カスタマイズ購入でメモリとストレージの容量アップもできるので、写真やデータ保存が多い人はそれぞれの容量を増やすことでたくさんのデータ保存が可能に。

その他、キーボードは数字入力がしやすいテンキー4列。液晶は15.6インチで解像度は1920×1080のフルHD画質で見やすい!

商品詳細はこちら

NEC

LAVIEシリーズ

69,800円~(税抜)

おすすめポイント!

パソコンの脳にあたるCPUはAMD最新の第3世代を搭載。

ネット検索や動画閲覧はもちろん、無線LANにも対応しているのでWi-Fiでのネットワーク接続も可能。

またマイクロソフトオフィスは2種類のエディションから選択可能なので、Word、Excel、PowerPointでのレポートや資料作成もOK!

更に光学ドライブも搭載でDVD、CDの再生、書き込みもできるため映画や音楽も楽しめます。

尚、カスタマイズ購入でメモリとストレージの容量アップもできるので、写真やデータ保存が多い人はそれぞれの容量を増やすことでたくさんのデータ保存が可能に。

その他、キーボードは数字入力がしやすいテンキー3列。液晶は15.6インチで解像度は1920×1080のフルHD画質で見やすい!

商品詳細はこちら

まとめ

今回ご紹介したオフィス搭載ノートパソコンはいかがでしたでしょうか?

性能も価格も正直各社そんなに差がないと思います。

違いと言えばデザインかな?

なんにせよ、今回ご紹介した記事があなたに素敵なパソコンライフをお届けできれば幸いです!

スポンサーリンク

フォローする