DTM、DAWに必要なBTOパソコンのスペックはコレだ!

BTOパソコンでDTMをするには、どのくらいのスペックが必要なの?

DTMパソコンの選び方を教えてほしい!

さて初めてDTMをするあなたは、安くておすすめのBTOパソコンを知りたいのではないでしょうか?

BTOパソコンで快適に音楽制作をするには、パソコンのスペック選びはかなり重要です!

そこで今回は、DTMに必要なパソコンのスペックと、安くておすすめのDTMに対応するBTOパソコンをご紹介します。

尚、僕はずっとWindowsユーザーですので、スペックはWindowsを前提に、下記の順番で解説していきます!

スポンサーリンク

DTM、DAWに必要なBTOパソコンのスペックとは

WindowsとMacに対応しているDAWソフト

パソコンのスペックを知る前に最初に確認したいのが「あたながどのDAW(音楽制作ソフト)を使ってDTMをするのか?」です。

利用するDAWによってWindowsパソコンを買うのかMacを買うのか変わってきます。

ここで最初に紹介したいのが、WindowsとMac両方に対応しているDAWです。

・Pro Tools
・Cubase
・Studio One
・Bitwig Studio
・Reason

これらのDAWソフトはWindowsとMacの両方に対応しています。

逆にWindowsにしか対応していないDAWソフトやMacにしか対応していないDAWソフトもありますので、次に紹介していきます。

Windowsでしか利用できないDAWソフト

Windoswパソコンに対応したDAWソフトになります。

・SONAR
・FL Studio
・ACID
・Singer Song Writer

Macでしか利用できないDAWソフト

アップル社のソフトなのでMacパソコンでしか利用できません。

・Logic Pro
・GarageBand

Windowsパソコンのメリット

Windowsに対応しているDAW(音楽制作ソフト)は多いです。

またMacよりもパソコンの組み立てや拡張するためのパーツが豊富で安く入手しやすいのが特徴です。

そしてMacパソコンよりもパソコン本体の価格が安いです。

DTMをするにはハイスペックなパソコンが必要になりますので、Macでハイスペックな仕様にすると値段がかなり高くなります!

DTMではソフト類やオーディオインターフェイスなどもそれなりの値段がするので、WindowsパソコンならDTMをするのに費用を安く抑えることができます。

OSはWindows10 home 64ビット版

DTMをするならOSは、Windows10 home64ビット版が搭載されたパソコンを選んでください。

DTMでは重い音源ファイルを扱うため、メモリは最低でも8GBは必要になります。

WindowsのOSには32ビット版と64ビット版の2種類がありますが、32ビット版は3GBのメモリしか搭載しませんので注意してください!

また、WindowsにはHomeとProがありますがHomeで問題ありません。

違いはHomeが一般ユーザー向けに対して、Proは一般ユーザー+スモールビジネス向けで機能に違いがある程度なので、DTMをするには関係ありません。

CPUはCore i5以上

CPUはパソコンの処理速度を左右する最も重要な部分で、パソコン内部の各装置への制御やデータ計算を行うため、よく人間の脳に例えられます。

CPUの性能が低いと、音源の再生や録音中にフリーズしたり音切れを起こすリスクが生じるため、DTMパソコンのCPU選びは重要です!

そこでCPUを選ぶ場合、インテルのCPUならCore i5以上がおすすめになります。

インテルのCPUは、「Core i7」が一番性能が高く「Atom」が一番低くなります。

Core i7 > Core i5  > Core i3 > Pentium > Celeron > Atom

その中でCore i5は、2番目に性能が高いCPUになります。

またCore i5でも、クロック数、コア数に違いがあれば、数字の大きいほうがハイスペックになります。

・クロック数:CPUの性能

・コア数:頭脳の数

クロック数は数値が高い方がたくさん処理ができます。3.6Ghz2.6Ghzでは3.6Ghzの方が速く計算できてたくさんの処理ができます。

コア数は同時に処理できる数です。1コアに3.6Ghzの頭の良いの人がいて、2コア、4コア、6コアとコア数が増えれば、3.6Ghz×コア数で、頭の良い人が増えます。つまりコア数が多いほうが同時に処理できる数が増えるわけです。

CPUは、高価でマザーボードとの相性もあり頻繁には交換できないパーツですので、初期導入では最低でもインテルCore i5以上を搭載したパソコンを選ぶようにしましょう。

メモリは最低でも8GB以上

メモリは作業机の広さに例えられ、ソフトやデータの読み込みをする重要なパーツです。

作業机は広ければ広いほど作業効率が上がるように、メモリの容量が大きければ大きいほどデータの読み込みは速くなります。

またメモリはソフトウェア音源やエフェクトを一時的に格納しておく場所としても使用されます。

DTMでの音源ファイルは、メールや文書に比べて格段に大きくなります。

ドラム・ピアノ・ギターなど生楽器で録音する音源は、一つの音色のロードで100MBのメモリを消費することもあります。

メモリが4GB以下では、バッググラウンドのプロセスがDAWやソフトシンセの動作に影響する恐れがあるため、あなたが64bitのOSをお使いでDTMをするのなら最低でも8GB以上のメモリは必要になります。

ちなみに32bitのOSですとメモリは3GBまでしか搭載できないので注意してください。

メモリの増設はデスクトップなら後からでも可能ですが、これからDTMを始めるなら最初から8GB以上のメモリを準備するといいでしょう。

また、重いプラグインをいくつも使ったり、打ち込みやトラック数の多い作曲をするのなら16GB以上のメモリがあれば尚安心です。

SSD搭載でストレージ容量が大きいパソコン

ストレージは作業をする机の引き出しに例えられ、作成したデータを保存しておく場所になります。

ストレージには、SSD(ソリッドステートドライブ)HDD(ハードディスクドライブ)の2種類があり、SSDはチップにデータを保存するのに対し、HDDはディスクにデータを書き込み保存します。

DTMにおけるリアルタイム再生時では、ストレージには高速な読み込み速度が要求されます。

サンプリング音源を同時に多数使う場合、HDDの読み込み速度では音が途切れてしまう可能性もあるため、DTMではSSDを搭載したパソコンがおすすめです。

・480GB以上のSSDを搭載したパソコン
・240GBのSSD+1TBのHDDを搭載したパソコン
・SSDを2つ搭載したパソコン

SSDはHDDよりデータの読み書きが速いので、楽曲や音源のロード時間を短縮できます。頻繁に使用する音源をSSDに保存してDTMをするのがおすすめです。

またサンプリング音源を多く使う場合には大容量のストレージが必要になりますので、容量不足を解消するためにSSD搭載のパソコンにHDDを追加するのも手です。

ソフトウェア音源のデータを保存するストレージ容量は、外付けのストレージで補う方法もありますが、購入時から240GBのSSD+1TBのHDDくらいのストレージ容量が多いパソコンを選ぶほうが安心です。

液晶の解像度がフルHDのパソコン

DTMをするなら、液晶画面の解像度がフルHD以上のパソコンを選びましょう。フルHDとは、解像度の規格名で「1920×1080」の解像度を表します。

液晶の解像度が低いと1つの面積あたりに表示できる情報量が少ないため、色々なパラメータやボタンがデカく表示されてしまい画面が狭くなり作業しづらくなります!

DTMは長時間モニターに向かいながら録音や編集をします。液晶が見づらいと目が疲れて作業効率も下がるので、画面が見やすいフルHD「1920×1080」のパソコンがおすすめです。

また液晶にはグレア(光沢)液晶ノングレア(非光沢)液晶の2種類があります。

グレア液晶はパッと見は綺麗な液晶ですが、光がチカチカ反射することからDTMがしづらい面もあるため、反射の少ないノングレア液晶のパソコンがおすすめです!

USB端子を多く使います

DTMではDAWソフト以外にオーディオインターフェイス、MIDIキーボードなど、他の端末を接続しての同時作業が増えます。

USB端子が最低4つ以上付いているパソコンがおすすめです。

光学ドライブは必要ない?

DVDディスクやブルーレイディスクの視聴をしないのなら、光学ドライブは必要ありません。

ただDTMで言うと、作曲した音楽をCDに書き込みする場合もありますので、光学ドライブがあったほうが後々必要になる可能性があります。

デスクトップパソコンのメリット・デメリット

デスクトップパソコンのメリットは、ノートパソコンよりも価格が安いことです。

またノートパソコンに比べて拡張性が高いので、USBポートの増設や、メモリやストレージ容量の増設も簡単にできます。

デスクトップパソコンのデメリットは、ノートパソコンのように気軽に持ち運びができない点です。

ノートパソコンならスタジオやバンドメンバーの部屋で一緒にレコーディングができますが、デスクトップではそういった持ち運びができません。

またサイズも大きいので置き場所の確保も必要になります。液晶も含めると、そこそこのスペースが必要になります。

ノートパソコンのメリット・デメリット

ノートパソコンのメリットは、気軽に持ち運びができる点です。

スタジオに持ち込んでマイク録りやバンドでの一発録手軽にできます。また折りたためるので場所もとりません。

ノートパソコンのデメリットはデスクトップPCのような拡張性がないため、メモリ増設くらいなら簡単にできますがUSBポートの増設などはできません。

また故障の際、ノートパソコンはパーツ交換などしづらいため、本体丸ごと修理に出さなければならない確率が高くなります。

2019年現在、ユーザー満足度が高かったおすすめのDTMパソコン

DTM用のパソコンはどんなスペックのものを選べばいいのか解説したところで、2019年現在でのおすすめのDTMパソコンをご紹介します。

ここでは、上記DTMに必要なスペックを満たしており、尚且つユーザー満足度が高かったパソコンを厳選して紹介します!

■ユーザー満足度:5.0

■Monarch ZH

■基本スペック
・OS:Windows 10 Home 64ビット
・CPU:インテル Core i7-9700K
・メモリ:8GB
・HDD:1TB
・SSD:240GB
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
・保証:持ち込み1年保証

■ユーザーレビュー
・初めてドスパラでBTOパソコンを購入しました。メモリは16GBに増設、冷却ファン、Officeを追加しても、トータルで20万を切る価格でした。また、カスタマイズしたにもかかわらず、注文から2日で出荷とういうのにも驚きました。最新スペック・SSD標準搭載なので、起動が大変早いです。ソフトの起動も瞬時で、何をするにも本当に待たなくていい。仕事でPhotoshopの編集ソフトを使用していますが、起動は2秒です。(笑) このパソコン環境に慣れてしまうと、他のパソコンを触りたくありません。長く使用したい為、最新の第8世代インテルCore i7-8700K搭載のPCを購入しましたが、大変良かったです。大切に使いたいと思います。

・あらゆる通販サイトと比較して選びました。発送も早く状態も問題ないので 6年ぶりに購入したパソコンにとても満足です。

・ミュージックソフト専用パソコンとして、初めてデスクトップパソコンを購入しました。寸法は承知していたのですが、ノートしか使ったことのない古希間近の私には、巨大に見えました。何より嬉しかったのは、ノートのコアi7では、音楽再生して2分程度で停止してしまうフリーソフト「Bughead」がアルバムを最後まで再生してくれたことです。CPUもマザーボードもメーカーにこだわって、静音にも気を配って組みました。メールでご相談し、スタッフの方に的確、親切に対応して頂きました。某BTOメーカーは、マーザーボード等その時の状況で変わるため、詳しい案内はできないという回答だったので、コスパに優れたドスパラにお世話になることに決めました。これからも色々と相談に乗ってください。

Monarch ZH

ユーザー満足度:4.75

■Monarch XH

■基本スペック
・OS:Windows 10 Home 64ビット
・CPU:インテル Core i7-8700
・メモリ:16GB(無料アップグレード中!)
・HDD:1TB
・SSD:240GB
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
・保証:持ち込み1年保証

■ユーザーレビュー
・注文後の対応が早く、注文した翌日には発送、翌々日に到着しました。 電源立ち上げが非常に早く、さくさく動いています。 よい買い物をしました。

・納期も早く、希望通りの商品で、不具合もなく良かったです。

・初めてBTOのデスクトップパソコンを購入。主にadobeのソフトを使うつもりで買いましたが、スムーズに動いています。まだ、3D系のものはそんなにやっていないのですが、今のところ問題なし。 音も思ったより静かで良かったです。 届くのも早くて嬉しいです。

Monarch XH

■ユーザー満足度:4.75

■Monarch ZK

■基本スペック
・OS:Windows 10 Home 64ビット
・CPU:インテル Core i7-9700K
・メモリ:16GB(無料アップグレード中!)
・HDD:無し
・SSD:512GB(無料アップグレード中!)
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
・保証:持ち込み1年保証

■ユーザーレビュー
・なかなかに安定したシステムです。7700Kなどよりも確実なパワーアップを感じることが出来るので、非常に期待できるマシンだと思います。

・必要な能力のみハイスペックでコスパ高いPCが買えましたありがとうございます。 

・快適に動作しています。今までディスクトップPCは自作でしたが、初めて既製品を購入手間がいらず、拡張性もあるし、良かったです。

Monarch ZK

■ユーザー満足度:4.5

■Magnate XH

■基本スペック
・OS:Windows 10 Home 64ビット
・CPU:インテル Core i7-8700
・メモリ:16GB(無料アップグレード中!)
・HDD:1TB
・SSD:240GB
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
・保証:持ち込み1年保証

■ユーザーレビュー
・以前購入したPCがもう5年経ちますから、当たり前ですが、随分と早く快適になっています。付属のキーボート、マウスはチープな感じですが無いよりマシ、ということで割り切っています。ディスプレイもACERの12000円位の廉価版を購入しました。これも視野角やコントラストが値段なりという感じでした。ファンの音も静かですし、全体的には満足しています。有難うございました。

・ゲーミングPCまでの物は必要なく、かと言ってそれなりのスペックの物を探してこのPCを購入。 色々とカスタマイズをしましたが、特に問題も無く満足しています。

・まだ1週間ほどの使用感ですが、大手の高価なPCと比べたらケースの細部の作りなどに安っぽさがあるが、性能自体は問題ありません。静音化用カスタマイズをしたこともあり、電源ON状態でも静かなもので、常時使いとして十分満足のいくものです。

Magnate XH

■ユーザー満足度:4.75

■Magnate MS

■基本スペック
・OS:Windows 10 Home 64ビット
・CPU:インテル Core i5-9400
・メモリ:8GB
・HDD:なし
・SSD:240GB
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
・保証:持ち込み1年保証

■ユーザーレビュー
・SSD起動なので動作は早く快適に使えています。電源のみオウルテック静音にカスタマイズしましたが、CPUファンの音などもノーマルのままでも十分静かでした。筐体が黒で電源ボタンも黒なので、ボタンの位置がわかりにくいのが難点です。あとHDDの駆動音がちょっとうるさいタイプのに当たってしまったようですが、サポートに相談すると修理を申し出て頂けました。購入前のチャット相談も丁寧な感じでよかったです。 総合的に概ね満足しています。

・SSD、CPUは無料アップグレード、GPUもGTX1050が付いていたのでお得に買った感じです。 officeを使ったり、普通にネットを使ったりというものに、たまにゲームをやるようなタイプには充分すぎるスペックです。 ハードに使うようでなければピッタリです。幅も利くので、ちょっとした画像・映像編集にも手を出してみようかと思うようになりました。

・ややファンの音は気になるが、それを余り補う程、SSDとCore i5の性能が良い。この価格と言い良い買い物だったと思います。

Magnate MS

DTMにおすすめのパソコンを下記記事で紹介していますので参考にしてみてください。

DTM、DAWにおすすめのBTOパソコンはコレだ!
DTMをするには、どのようなパソコンがおすすめなのでしょうか? DTMを初めてする人にとっては、どのくらいのスペックを搭載した...

こちらはDTMにおすすめのドスパラのパソコン記事です。

ドスパラのDTM、DAWに対応できるパソコンがおすすめの理由!
今回僕が紹介したいのは、ドスパラで販売しているDTMパソコンです! パソコンを使って快適に音楽制作をするには、高性能のスペック...

DTMパソコンの選び方

音楽制作はパソコンを使って様々が工程を踏んで音楽ができます。楽器をパソコンにつなげて演奏を録音をし、音をエフェクターで編集し、多重録音した音をミックスし、最後にマスタリングしたりと制作までにいろんな作業があります。

そんな作業中にパソコンがフリーズしたり、重たくなってしまっては、せっかくの音楽制作も台無しです。ストレスフリーで快適に音楽制作を進めるには、高性能パソコンが必須となります。

ですがDTM初心者にとっては、どんなスペックを搭載したパソコンを選んだらいいのかわかりません。購入までに調べたり、悩んだり、迷ったりとパソコン選びに時間を費やします。当然パソコンの購入は高い買い物ですので慎重になるのは当然です。しかも高いお金を出して快適な音楽制作環境を整えるわけですから尚更です。

ですが、あなたの真の目的はなんでしたっけ?!

そうです!音楽制作です。DTMです!

目的から外れ、パソコンのスペック選びやカスタマイズに時間を費やすべきではありません。時間をかけるべきは、パソコン選びではなく音楽制作なのです!

僕は、作曲・編曲、レコーディング、編集、ミックス&マスタリングまでを視野に入れて、デスクトップパソコンでDTMをやっています。

スペックの選び方は人により異なりますが、ご自身の予算と目的に合わせたスペックを選んでいただき、快適な音楽制作の参考となれば幸いです!

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク