PowerDirectorができる低価格で高性能のパソコンはコレ!

PowerDirectorができる低価格で高性能のパソコンはコレ!

今回はPowerDirectorにおすすめのパソコンをご紹介です!

これからパソコンで動画編集を始めたい人は多いと思います。

動画編集ソフトも色々出ていますが、そんな中でPowerDirectorを使いたい人に読んでいただきたい記事です。

PowerDirectorは5年連続国内販売シェアNO.1 の動画編集ソフトです。プロが利用できるほどの機能を揃えながら、簡単な操作で初心者でも扱いやすいのが特徴!

グレードは以下のように分かれています。

  • PowerDirector Standard(通常版)
  • PowerDirector Ultra(通常版)
  • PowerDirector Ultimate(通常版)
  • PowerDirector Ultimate Suite(通常版)
  • PowerDirector 365(サブスクリプション版)
  • Director Suite 365(サブスクリプション版)

そんな人気のPowerDirectorですが、PowerDirector初心者にとってはどんなスペックのパソコンを買ったらいいのか分からない人も多いのではないでしょうか?

  • PowerDirectorの動作環境を見ても意味がわからない。
  • 推奨スペックを調べるのが面倒。
  • なるべく低価格のパソコンが欲しい。
  • すぐに動画編集を始めたい!

そんな人にこちらであらかじめPowerDirectorの動作環境に沿ったパソコンを厳選しました!

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

PowerDirectorに必要なパソコンのスペック

最初にPowerDirectorの動作環境及び必要スペックをチェックします。

ちなみに一部の商品を除いて対応OSはWindowsのみとなっているので注意してください。

OS

Microsoft Windows 10、8、8.1、7 SP (64 bit OS のみ対応)

最新のパソコンなら問題ないです。

CPU

Intel Core-iシリーズ、または AMD PhenomII以上。

※フルHDのビデオ編集&書き出しの場合:Intel Core-i5、または AMD PhenomII X4 以上が推奨。

※365、Ultimate Suite、Ultimate、Ultra、2K、4K、3D、360度ビデオ編集&書き出しの場合:Intel Core-i7 または AMD FX以上が推奨。

グラフィックス

  • 通常動画: 128MB 以上の VRAM
  • 360 度動画: DirectX 11 に対応
  • AI プラグイン: 2GB 以上の VRAM

※365、Ultimate Suite、Ultimate、Newblue FX Titler pro を使用する場合には 256MB以上のVRAM容量を持つOpenGL 2.1 対応 VGA

メモリ

4GB 以上 (8GB 以上推奨)

4GBだと足りないと思います。最低8GB。16GB以上なら安心です。

ハードディスクの空き容量

10GB

※365、Ultimate Suite、Ultimate 追加コンテンツをインストールする場合には11GB推奨

SSD:500GB以上は必要です。

光学ドライブ

書き込み可能 DVD ドライブ、Blu-ray ドライブ

光学ドライブ搭載のPCにしましょう。

サウンド機能

Windows 対応のサウンドカード、またはオンボードサウンド機能

モニター解像度

1024 x 768、16-bit カラー以上

最新のパソコンなら問題なし。

PowerDirectorにおすすめの低価格で高性能なパソコン

動作環境をチェックしたら、PowerDirectorの動作環境を上回るパソコンを選べばいいわけです!

ただ動作環境を上回るパソコンと言ってもオーバースペックのパソコンだと高い買い物になってしまいます。

ここでは価格を抑えて安心して利用できるように、推奨スペックよりも少し高性能なパソコンを厳選します。

動画編集におすすめのデスクトップパソコンはこちらの記事も参考にしてください!

最近はパソコンさえあれば誰でも動画編集してYouTubeやニコニコ動画にアップする時代!今回は初心者向きに動画編集に必要なパソコンスペックと、フルHDや4K動画編集におすすめのデスクトップパソコンをご紹介します!

マウスコンピューター「G-Tune DG-I7G6T」

G-Tune DG-I7G6T

DTMでガンガン作曲していきたい!という人は、マウスコンピューターのG-Tune DG-I7G6Tがおすすめ。

メモリ32GB、SSDはデータ転送が高速なPCIe接続のNVme SSDを1GB搭載しているので快適にDTMが行えます。

またグラフィックスはGeForce RTX 3060Ti搭載なのでフルHD動画編集やオンラインゲームにも対応。

大容量モデルですが価格は非常にリーズナブルなのでコスパが良いと思います。

DTM以外にクリエイター作業をしたい人にもおすすめです。

  • OS:Windows11 Home 64bit
  • CPU:インテル Core-i7 13700F
  • メモリ:32GB
  • SSD:1TB
  • GPU:GeForce RTX 3060Ti(GDDR6X)

G-Tune DG-I7G6Tの詳細を見る

Lenovo「Legion Tシリーズ」

Legion Tシリーズ

スペックと価格の両面で見てコスパ重視の方は、Lenovo Legion Tシリーズ。

メモリ16GBで、SSDはデータ転送が高速なPCIe接続のNVme SSDを512GB搭載なのでライトにDTMをしたい人におすすめ。

 Legion Tシリーズはグラフィックスが高性能なのでフルHDでの動画編集やオンラインゲームにも対応できます。

スペックに対して価格が20万円以下とかなりリーズナブルな価格でコスパが良いと思います。

  • OS:Windows11 Home 64bit
  • CPU:インテル Core-i7 12700F
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB
  • HDD:1TB
  • GPU:NVIDIA GeForce RTX 3060

Legion Tシリーズの詳細を見る

パソコン工房「SENSE-F079-137F-RBX」

SENSE-F079-137F-RBX

スペックと価格の両面で見てコスパ重視の方は、パソコン工房のSENSE-F079-137F-RBXがおすすめ。

メモリ16GBでパソコンの動作も快適になりますし、ストレージがSSD1TBの大容量モデルなので音楽データがたくさん保存できます。

SENSE-M0P5-R56X-NA2Xは価格が14万円以下とかなりリーズナブルな価格でコスパが良いと思います。

DTM専用パソコンとして使う人におすすめです。

  • OS:Windows11 Home 64bit
  • CPU:インテル Core-i7 13700F
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB
  • GPU: GeForce RTX 3060 12GB GDDR6

SENSE-F079-137F-RBXの詳細を見る icon

フロンティア「GAシリーズ」

GAシリーズ

DTMでガンガン作曲していきたい!という人は、フロンティアのGAシリーズもおすすめ。

こちらもメモリ32GB、SSDはデータ転送が高速なPCIe接続のNVme SSDを1GB搭載しているので快適にDTMが行えます。

GAシリーズはグラフィックスがNVIDIA GeForce RTX 4070Ti搭載なので4K動画編集やオンラインゲームにも対応できます。

スペックと価格の両面で見ても非常にリーズナブルな価格でコスパが良いと思います。

DTMで試し録りやデモ等をする予定で、容量不足が心配な人におすすめです。

  • OS:Windows11 Home 64bit
  • CPU:AMD Ryzen5 7600X
  • メモリ:32GB
  • SSD:1TB
  • GPU:NVIDIA GeForce RTX 4070Ti

GAシリーズの詳細を見る

まとめ

PowerDirectorにおすすめのパソコンはいかがでしたか?

今回ご紹介したパソコンなら手軽にPowerDirectorで動画編集を始められます。

ぜひ動画編集でYouTubeなどにアップしながら楽しいパソコンライフを送ってください!

スポンサーリンク

フォローする