Adobe Creative Cloudにおすすめのパソコンはコレだ!

今回はAdobe Creative Cloudにおすすめのパソコンをご紹介です!

これからパソコンで動画編集を始めたい人は多いと思います。

動画編集ソフトも色々出ていますが、そんな中でAdobe Creative Cloudを使いたい人に読んでいただきたい記事です。

Adobe Creative Cloudは、写真や動画、デザインなどあらゆる制作に対応するアプリを常に最新の状態でご利用いただけるサブスクリプション型のクリエイティブ環境です。

豊富なフォントやストック素材、オンラインストレージ、共同作業をスムーズに行うための機能、自分の作品を発信でき他の人の作品から刺激を受けられる無料のコミュニティなど、多彩なサービスをデスクトップとモバイルで利用可能です。

動画や写真の編集からデザインやPDF編集まで様々なニーズに答えてくれます。

初心者でもプロでも、あらゆる方の制作ニーズにこたえるプランで、グレードは以下のように分かれています。

  • フォトプラン
  • 単体プラン
  • コンプリートプラン

そんな人気のAdobe Creative Cloudですが、Adobe Creative Cloud初心者にとってはどんなスペックのパソコンを買ったらいいのか分からない人も多いのではないでしょうか?

  • Adobe Creative Cloudの動作環境を見ても意味がわからない。
  • 推奨スペックを調べるのが面倒。
  • なるべく低価格のパソコンが欲しい。
  • すぐに動画編集を始めたい!

そんな人にこちらであらかじめAdobe Creative Cloudの動作環境に沿ったパソコンを厳選しました!

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

Adobe Creative Cloudに必要なパソコンのスペック

最初にAdobe Creative Cloudの動作環境及び必要スペックをWindowsとMacそれぞれでチェックします。

OS

  • Windows:Windows 10(64 ビット)バージョン 1903 以降
  • Mac:macOS Monterey(バージョン 12)以降

最新のパソコンなら問題ないです。

CPU

  • Windows:Intel、AMD、または ARMプロセッサー(64 ビット対応必須)
  • Mac:Intelマルチコアプロセッサー(64 ビット対応)または Apple Silicon プロセッサー

最新のパソコンなら問題ないです。

メモリ

  • Windows:4GB 以上
  • Mac:8GB 以上

4GBだと足りないと思います。最低8GB。16GB以上なら安心です。

ハードディスクの空き容量

Windows、Mac共に:4GB以上の空き容量のあるハードディスク(インストール時には追加の空き容量が必要)

SSD:最低500GB以上、1TBあれば安心。

ネット回線

インターネット回線が必要です。無線よりは有線のほうが安定しています。

Adobe Creative Cloudにおすすめのパソコン

動作環境をチェックしたら、Adobe Creative Cloudの動作環境を上回るパソコンを選べばいいわけです!

ただ動作環境を上回るパソコンと言ってもオーバースペックのパソコンだと高い買い物になってしまいます。

ここでは価格を抑えて安心して利用できるように、推奨スペックよりも少し高性能なパソコンを厳選します。

動画編集におすすめのデスクトップパソコンはこちらの記事も参考にしてください!

最近はパソコンさえあれば誰でも動画編集してYouTubeやニコニコ動画にアップする時代!今回は初心者向きに動画編集に必要なパソコンスペックと、フルHDや4K動画編集におすすめのデスクトップパソコンをご紹介します!

マウスコンピューター「G-Tune DG-I7G6T」

G-Tune DG-I7G6T

動画編集をガンガンしていきたい!という人は、マウスコンピューターのG-Tune DG-I7G6Tがおすすめ。

メモリ32GB、SSDはデータ転送が高速なPCIe接続のNVme SSDを1GB搭載しているので快適にDTMが行えます。

またグラフィックスはGeForce RTX 3060Ti搭載なのでフルHD動画編集やオンラインゲームにも対応。

大容量モデルですが価格は非常にリーズナブルなのでコスパが良いと思います。

動画編集以外にクリエイター作業をしたい人にもおすすめです。

  • OS:Windows11 Home 64bit
  • CPU:インテル Core-i7 13700F
  • メモリ:32GB
  • SSD:1TB
  • GPU:GeForce RTX 3060Ti(GDDR6X)

G-Tune DG-I7G6Tの詳細を見る

Lenovo「Legion Tシリーズ」

Legion Tシリーズ

スペックと価格の両面で見てコスパ重視の方は、Lenovo Legion Tシリーズ。

メモリ16GBで、SSDはデータ転送が高速なPCIe接続のNVme SSDを512GB搭載なのでライトにDTMをしたい人におすすめ。

 Legion Tシリーズはグラフィックスが高性能なのでフルHDでの動画編集やオンラインゲームにも対応できます。

スペックに対して価格が20万円以下とかなりリーズナブルな価格でコスパが良いと思います。

  • OS:Windows11 Home 64bit
  • CPU:インテル Core-i7 12700F
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB
  • HDD:1TB
  • GPU:NVIDIA GeForce RTX 3060

Legion Tシリーズの詳細を見る

サイコム「G-Master Spear Z790-Mini/D4」

細かくカスタマイズできて自分に合ったデスクトップが欲しい!という人は、サイコムのG-Master Spear Z790-Mini/D4がおすすめ!

サイコムのPCはCPU、空冷ファン、光学ドライブなど、細かくカスタマイズできるのが魅力。

自分の希望に近いパソコンがオーダーできます。

また不必要なパーツは削れるので価格を抑えることもできます。

サイコムは上級者向けとよく言われますが、カスタマイズ画面もわかりやすく選択できるのでこれから動画編集を始める初心者の方にもおすすめです。

  • OS:Windows10 Home 64ビット
  • CPU:Intel Core i5、 i7、i9各種
  • メモリ:16~128GB
  • SSD:1~4TB
  • グラフィックス:GeForce RTX 4060

Master Spear Z790-Mini/D4の詳細を見る

パソコン工房「SENSE-M3P5-R75G-RBX」

スペックと価格の両面で見てコスパ重視の方は、パソコン工房のSENSE-M3P5-R75G-RBXがおすすめ。

メモリ16GBでパソコンの動作も快適になりますし、ストレージがSSD1TBの大容量モデルなので動画データをたくさん保存できます。

SENSE-M3P5-R75G-RBXは価格が14万円以下とかなりリーズナブルな価格でコスパが良いと思います。

動画編集専用パソコンとして使う人におすすめです。

  • OS:Windows11 Home 64bit
  • CPU:Ryzen7 5700G
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB
  • GPU: GeForce RTX 3060 12GB GDDR6icon

パソコン工房【公式通販サイト】

フロンティア「GAシリーズ」

GAシリーズ

動画編集をガンガンしていきたい!という人は、フロンティアのGAシリーズもおすすめ。

こちらもメモリ32GB、SSDはデータ転送が高速なPCIe接続のNVme SSDを1GB搭載しているので快適に動画編集が行えます。

GAシリーズはグラフィックスがNVIDIA GeForce RTX 4070Ti搭載なので4K動画編集やオンラインゲームにも対応できます。

スペックと価格の両面で見ても非常にリーズナブルな価格でコスパが良いと思います。

動画をたくさん撮りためてから編集をする予定で、容量不足が心配な人におすすめです。

  • OS:Windows11 Home 64bit
  • CPU:AMD Ryzen5 7600X
  • メモリ:32GB
  • SSD:1TB
  • GPU:NVIDIA GeForce RTX 4070Ti

GAシリーズの詳細を見る

まとめ

Adobe Creative Cloudにおすすめのパソコンはいかがでしたか?

今回ご紹介したパソコンなら手軽にAdobe Creative Cloudで動画編集を始められます。

ぜひ動画編集でYouTubeなどにアップしながら楽しいパソコンライフを送ってください!

スポンサーリンク

フォローする