パソコン用プライバシーフィルターで覗き見防止!おすすめはコレ!

今回はパソコン作業中での覗き見防止をしてくれるプライバシーフィルターをご紹介!

職場や外出先でパソコン作業をしていると、後ろを通る人の視線を気になったことってありませんか?

特に見られて困ることもないのですが、チラッと視線を感じ覗かれていると思うとあまりいい気分ではありません。

また外出先なので個人情報を扱う仕事をパソコンで作業されている場合は、個人情報漏洩のリスクもあります。

そんな時に重宝するのがパソコン作業を覗かれないようにしてくれるプライバシーフィルター!

パソコンにプライバシーフィルターをつければ視線を気にすることなく外出先でもパソコン作業に集中できます。

そこで今回はパソコン作業を覗き見から防止してくれるおすすめのプライバシーフィルターを紹介します!

スポンサーリンク

パソコン用プライバシーフィルターの選び方

液晶のサイズに合ったフィルターを選ぶ

パソコンの覗き見防止をしてくれるプライバシーフィルターは、液晶サイズに合ったものを選びましょう。

最初に自分が使っているパソコンの液晶サイズを確認してください。

インチ数だけでなく、縦横の画面比率(アスペクト比)もチェックしておくのがポイント。

僕は15.6インチのノートパソコンを使っており、画面比率は16:9でした。

画面比率は16:9が主流ですが、なかには16:10のパソコンもあるので、パソコンの液晶サイズは必ず事前にチェックしましょう。

液晶への取り付け方法で選ぶ

覗き見防止プライバシーフィルターには、留め具と液晶画面の間に保護フィルムを入れて使うタイプや、吸着タイプ、両面テープで固定するタイプ、マグネットタイプなど、様々なタイプがあります。

僕は取り外しが簡単なマグネットタイプの覗き見防止プライバシーフィルターにしました。

このタイプは保護フィルムを自由に取り外しできるようになっているので、使いたい時だけ設置できるからです。

パソコン用プライバシーフィルターを使うと、どうしても画面が暗く見にくくなりがちだから、必要ない時は取り外しておきたかったからです。

取り外すことがない場合は、固定タイプの方が手間がかからず便利です。

覗き見防止可能な角度で選ぶ

プライバシーフィルターによって、液晶を見にくくしてくれる視野角が異なってきます。

左右から見た際、一定の角度以上になると画面が真っ黒に見えるようになります。

真っ黒に見える角度は、プライバシーフィルターによって違ってきます。

左右40度以上の角度で黒く見えるものから、60度以上でないと黒く見えるフィルターと様々です。

僕が使っているのは左右60度以上で黒く見えるプライバシーフィルター。

黒く見える角度が狭すぎると、液晶画面の正面に座っていても姿勢によっては画面がすぐに暗くなって見え辛くなるので注意を!

固定式プライバシーフィルターおすすめ3選

フィルムが液晶からずれたりするのが嫌なら固定式がおすすめです。

Macbook Pro/Macbook Air フィルム 13インチ

Macbookシリーズ13インチ専用の保護フィルムです、最新発売されたMacBook Air 13 / MacBook Pro 13の液晶画面にピッタリフィットしたサイズでスクリーンを全面保護できます。汚れた場合はティッシュ等で簡単に手入れできます。

気泡が目立たなくなる特殊吸着層を採用し、カバーを剥がして、画面に置くだけで自動に吸着して貼り付けますので、気泡が発生しにくい。貼り直しできるタイプなので、失敗された場合でも、貼り直せます。

透明度が高くて液晶画面の鮮明度を損なわず、見やすく快適に使えます。柔らかくて軽量なので裸の状態とほぼ同じです。

1:1のカッティングより液晶画面とぴったりフィットでき、割れにくいだけではなく、丈夫で変形しにくいです、画面全体を保護できます。

高品質な専用接着剤を採用し、ガラスフィルムを正しく貼り付けた後、しっかりと画面にくっつけます。そのため、しばらく使用した後に脱落したり、感度が低下したりする心配も必要ありません。

15.6インチ 16:9 プライバシーフィルター

画面の正面を中心に60°より外の角度からは画面がまっ黒に見えますので、プライバシーが守られます。

ブルーライトカット率:49% 紫外線カット率:99.9%。目の負担を軽減するため、長時間の作業に最適です。

光沢有り/無し -表面はAG(アンチグレア)コーティングを施しているので反射やギラつきを抑えます。もう片面はクリアに視認出来る光沢クリアコーティングを施しており、好みの面を選んで使用できます。

新幹線での移動中や出張先でも周りからの視線を防いで安心してパソコン操作ができるのぞき見防止フィルターです。

装着具2種類付属:取り外しが可能なタブタイプ、直接貼る固定タイプ(フレームレスモニター用にお勧めします)。※実際の適応機種により、ディスプレーサイズより数ミリ小さい場合もございますのでご了承ください。

17.3インチ(16:9)プライバシーフィルター

17.3インチ(16:9) 382×215 ■視野の角度:画面の正面を中心に60°(左右30°)より外の角度からは画面がまっ黒に見える為、パソコン画面を見られる心配がありません。

ブルーライトカット率:49% 紫外線カット率:99.9%。→ブルーライトはディスプレイが発する光の中に青いもの、あび過ぎると目の水晶体や角膜に吸収されずに綱膜の機能を低下を引き起こす場合があると言われています。

表面はAG(アンチグレア)コーティングを施しているので反射やギラつきを抑えます。もう片面はクリアに視認出来る光沢クリアコーティングを施しており、好みの面を選んで使用できます。

反射率:5.8%→照明や外光などの表面反射を軽減しますので、外光や照明などによる反射を軽減できます。透過率:目に優しく見やすい明るさを保ち、 ずっと装着のままで使用していてもまったく違和感はありません。

表面の傷を防止、ホコリが付着しにくい帯電防止仕様です。 取付簡単(シールは2種類付属:取り外しが可能なタブタイプと直接貼る固定タイプ→フレームレスモニター用にお勧めします)。

マグネット式プライバシーフィルターおすすめ3選

取り外しが簡単なのがいいなあと思うならマグネット式がおすすめです。

13.3インチ マグネット式 覗き見防止フィルター

視野角 60度、正面から見れると画面はクリアでも、隣の席からは真っ暗に映る偏光性を有する「覗き見防止フィルター」です。

プライバシーフィルターはブルーライトカットとUVプロテクションを備えています。使用者のプライバシーを保護するだけでなく、有害な紫外線や青い光カット機能は目を守ります。紫外線を99%カット、ブルーライトカット49%、アスクリーンコーティングは目の疲れを軽減し、スクリーンを傷や汚れから保護することで、さらなる保護を提供します。

反射率:6.5%→外光や照明などによる反射を軽減できます。透過率:のぞき見をしっかりガードしながら、透過率を程よい65%にすることにより、 ずっと装着のままで使用していてもまったく違和感はありません。

取り外し・取り付けも簡単です。貼ったままお使いいただくことをオススメしておりますが、必要なときだけお使いいただくこともできます。 ※フィルターを保管する際は付属の保護プレートに貼り付けて保管してください。 接着が弱まってきた場合はセロテープで付着したホコリを除去すると粘着力が回復します。

フレームレスの液晶画面に最適。

14.0インチ(16:9) マグネット式 覗き見防止フィルター

視野角 60度、正面から見れると画面はクリアでも、隣の席からは真っ暗に映る偏光性を有する「覗き見防止フィルター」です。【対応機種】14インチ 縦横比16:9 寸法:フィルター部分のみ 309×176mm(縦幅/横幅のばらつき:+/-1mm程度)。上部の黒いマグネット部分は約9mm。画面とベゼルの高低差により画面がややぼやけて見える場合が御座います。

ブルーライトカット率:49% 紫外線カット率:99.9%。→ブルーライトはディスプレイが発する光の中に青いもの、あび過ぎると目の水晶体や角膜に吸収されずに綱膜の機能を低下を引き起こす場合があると言われています。

光沢有り/無し -表面はAG(アンチグレア)コーティングを施しているので反射やギラつきを抑えます。もう片面はクリアに視認出来る光沢クリアコーティングを施しており、好みの面を選んで使用できます。

ワンアクションで簡単に脱着ができるので必要なときだけお使いいただけます。 家ではフィルターを外し、外出先ではフィルターを付けてとあなたのライフスタイルに合わせて安心・安全にお使いいただくことができます。

移動中やオフィスでの周りからの視線を防いで、安心してパソコン操作ができるのぞき見防止フィルターです。※非対応機種:レノボ Think Pad Xシリーズ(Think Pad X390, X1 Carbonなど。マグネットが電源機能に影響を与えてしまうため。)

15.6インチ(16:9) マグネット式 覗き見防止フィルター

視野角 60度、正面から見れると画面はクリアでも、隣の席からは真っ暗に映る偏光性を有する「覗き見防止フィルター」です。【対応機種】15.6インチ 縦横比16:9 寸法:フィルター部分のみ 344×196mm(縦幅/横幅のばらつき:+/-1mm程度)。上部の黒いマグネット部分は約9mm。画面とベゼルの高低差により画面がややぼやけて見える場合が御座います。

ブルーライトカット率:49% 紫外線カット率:99.9%。→ブルーライトはディスプレイが発する光の中に青いもの、あび過ぎると目の水晶体や角膜に吸収されずに綱膜の機能を低下を引き起こす場合があると言われています。

光沢有り/無し -表面はAG(アンチグレア)コーティングを施しているので反射やギラつきを抑えます。もう片面はクリアに視認出来る光沢クリアコーティングを施しており、好みの面を選んで使用できます。

ワンアクションで簡単に脱着ができるので必要なときだけお使いいただけます。 家ではフィルターを外し、外出先ではフィルターを付けてとあなたのライフスタイルに合わせて安心・安全にお使いいただくことができます。

移動中やオフィスでの周りからの視線を防いで、安心してパソコン操作ができるのぞき見防止フィルターです。

※非対応機種:レノボ Think Pad Xシリーズ(Think Pad X390, X1 Carbonなど。マグネットが電源機能に影響を与えてしまうため。)

まとめ

パソコン用プライバシーフィルターを貼ると、画面がどうしても暗く見えがちになります。

だからできるだけ文字や画面が鮮明に見える視野角が60度でブルーライトカットのフィルターがおすすめです。

以上、パソコン用プライバシーフィルターで覗き見防止!おすすめはコレ!でした。

スポンサーリンク

フォローする