Studio Oneにおすすめのパソコンはコレだ!

Studio OneでDTMがしたい!Studio Oneにおすすめのパソコンを知りたい!

こんな疑問にお答えします。

DAWソフトではメジャーなStudio One。

Studio Oneは、デジタル・ミックスを定義したドイツの敏腕プログラマー達がデザインしました。

長年のデジタル・オーディオ開発で培った知識と経験をベースに、最新のテクノロジーとモダンコードだけを用いてゼロから開発しています。

歴史や固定概念に振り回されることなく、圧倒的なサウンド・クオリティと直感的でスピーディーな音楽制作環境のために常に進化している次世代の64Bitデジタル・オーディオ・ワークステーションです。

全世界でもStudio Oneの利用者はかなり多いです。

Studio Oneには3つのグレードがあります。

無料版の「Prime」、中間グレードに有料版の「Artist」、そして最上位グレードに「Professiona」があります。

  • Studio One Prime
  • Studio One Artist
  • Studio One Professional

そんなStudio OneでこれからDTMをしたい人の中には、どんなパソコンがおすすめなのか知りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか?

Studio Oneではマイク録音、ライン録音、エフェクト、ミキシング、マスタリング等、直感的な操作が可能で宅録でプロレベルの仕上りで音楽制作が可能になります。

作曲活動がほんと楽しくて、毎日がワクワクした幸せな時間になるでしょう。

そこで今回は、Studio Oneに必要なパソコンの推奨スペックとおすすめのパソコンをご紹介していきます!

スポンサーリンク

Studio Oneに必要なパソコンのスペック

Studio Oneの動作環境をWindowsとMacそれぞれで説明します。

OS

  • Windows:Windows10以降(64ビット)
  • Mac:mac OS10.14以降

最新のパソコンなら気にしなくて大丈夫。

CPU

  • Windows:Intel Core i3以上 / AMD A10プロセッサー以上
  • Mac:Intel Core i3以上  / Appleシリコン(M1/M2チップ)

最新のパソコンなら大丈夫。

メモリ

Windows、Macともに最低8GB必須。

なので16GB以上なら安心。

ストレージ

Windows、Macともにディスク空き容量として40GB。

なので最低で500GB、1TB以上なら安心。

ディスプレイ解像度

Windows、Macともに1366 x 768以上の解像度。(※High DPIディスプレイを推奨)

いわゆるフルHDなので4Kは不要。

グラフィックス(GPU)

  • Windows:記載なし
  • Mac:記載なし

DTMではグラフィックスは高性能でなくても大丈夫。

DTMパソコンのスペックについて詳しく知りたい方はこちらをチェック!

おすすめのDTMパソコンとはどのようなパソコンなのでしょうか?DTMパソコンの選び方について、WindowsとMacのどちらがいいのか?デスクトップとノートパソコンのそれぞれのメリット、デメリット。DTMパソコンはどのくらいのスペックが必要か?DTMにおすすめのパソコンを詳しく解説します。

Studio Oneにおすすめのパソコン

ここからは上記動作環境(推奨スペック)を満たす、Studio Oneにおすすめのパソコンをご紹介していきます。

マウスコンピューター「G-Tune DG-I7G60」

G-Tune DG-I7G6T

DTMでガンガン作曲していきたい!という人は、マウスコンピューターのG-Tune DG-I7G60がおすすめ。

メモリ32GB、SSDはデータ転送が高速なPCIe接続のNVme SSDを1GB搭載しているので快適にDTMが行えます。

またグラフィックスはGeForce RTX 4060搭載なのでフルHD動画編集やオンラインゲームにも対応。

大容量モデルですが価格は非常にリーズナブルなのでコスパが良いと思います。

DTM以外にクリエイター作業をしたい人にもおすすめです。

  • OS:Windows11 Home 64bit
  • CPU:インテル Core-i7 13700F
  • メモリ:32GB
  • SSD:1TB
  • GPU:GeForce RTX 4060

G-Tune DG-I7G60の詳細を見る

Lenovo「Legion Tシリーズ」

Legion Tシリーズ

スペックと価格の両面で見てコスパ重視の方は、Lenovo Legion Tシリーズ。

メモリ16GBで、SSDはデータ転送が高速なPCIe接続のNVme SSDを512GB搭載なのでライトにDTMをしたい人におすすめ。

 Legion Tシリーズはグラフィックスが高性能なのでフルHDでの動画編集やオンラインゲームにも対応できます。

スペックに対して価格が20万円以下とかなりリーズナブルな価格でコスパが良いと思います。

  • OS:Windows11 Home 64bit
  • CPU:インテル Core-i7 12700F
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB
  • HDD:1TB
  • GPU:NVIDIA GeForce RTX 3060

Legion Tシリーズの詳細を見る

サイコム「G-Master Spear Z790-Mini/D4」

細かくカスタマイズできて自分に合ったデスクトップが欲しい!という人は、サイコムのG-Master Spear Z790-Mini/D4がおすすめ!

サイコムのPCはCPU、空冷ファン、光学ドライブなど、細かくカスタマイズできるのが魅力。

自分の希望に近いパソコンがオーダーできます。

また不必要なパーツは削れるので価格を抑えることもできます。

サイコムは上級者向けとよく言われますが、カスタマイズ画面もわかりやすく選択できるのでこれから動画編集を始める初心者の方にもおすすめです。

  • OS:Windows10 Home 64ビット
  • CPU:Intel Core i5、 i7、i9各種
  • メモリ:16~128GB
  • SSD:1~4TB
  • グラフィックス:GeForce RTX 4060

Master Spear Z790-Mini/D4の詳細を見る

パソコン工房「SENSE-M3P5-R75G-RBX」

スペックと価格の両面で見てコスパ重視の方は、パソコン工房のSENSE-M3P5-R75G-RBXがおすすめ。

メモリ16GBでパソコンの動作も快適になりますし、ストレージがSSD1TBの大容量モデルなので音楽データがたくさん保存できます。

SENSE-M3P5-R75G-RBXは価格が14万円以下とかなりリーズナブルな価格でコスパが良いと思います。

DTM専用パソコンとして使う人におすすめです。

  • OS:Windows11 Home 64bit
  • CPU:Ryzen7 5700G
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB
  • GPU: GeForce RTX 3060 12GB GDDR6icon

パソコン工房【公式通販サイト】

フロンティア「GAシリーズ」

GAシリーズ

DTMでガンガン作曲していきたい!という人は、フロンティアのGAシリーズもおすすめ。

こちらもメモリ32GB、SSDはデータ転送が高速なPCIe接続のNVme SSDを1GB搭載しているので快適にDTMが行えます。

GAシリーズはグラフィックスがNVIDIA GeForce RTX 4070Ti搭載なので4K動画編集やオンラインゲームにも対応できます。

スペックと価格の両面で見ても非常にリーズナブルな価格でコスパが良いと思います。

DTMで試し録りやデモ等をする予定で、容量不足が心配な人におすすめです。

  • OS:Windows11 Home 64bit
  • CPU:AMD Ryzen5 7600X
  • メモリ:32GB
  • SSD:1TB
  • GPU:NVIDIA GeForce RTX 4070Ti

GAシリーズの詳細を見る

DTMにおすすめのパソコンを詳しく知りたい方はこちらをチェック!

BTOパソコンでDTMをするにはどんなパソコンがおすすめかあなたはご存じでしょうか?今回はDTMに必要なBTOパソコンの性能、DTMにおすすめのBTOパソコン、DTMパソコンの選び方について詳しく解説していきます。ぜひ読んでみてください!

まとめ

Studio Oneにおすすめのパソコンはいかがでしょうか。

Studio Oneではマイク録音、ライン録音、エフェクト、ミキシング、マスタリング等、直感的な操作が可能で宅録でプロレベルの仕上りで音楽制作が可能になります。

作曲活動がほんと楽しくて、毎日がワクワクした幸せな時間になるでしょう。

この記事があなたにとって参考になれば幸いです。

以上、Studio Oneにおすすめのパソコンはコレだ!でした。

スポンサーリンク

フォローする