DTM、DAWにおすすめのBTOパソコンはコレだ!

dtm pc bto

DTMに必要なパソコンのスペックを知りたい!

おすすめのDTMパソコンを買いたい!

さてDTMをするにはどのようなパソコンがおすすめかご存じでしょうか?

初めてDTMを始めるあなたにとっては、どのくらいのスペックを搭載したパソコンを選んだらいいのか、よく分からないのではないでしょうか?

DTMでは作曲、編曲、多重録音、ミックス、マスタリングなどの音楽製作から編集までをしますから、それに耐えうるパソコンが必要になります。

ソフトシンセ・プラグイン・エフェクトなどの使用を考えると、CPUの性能が高くメモリ、ストレージの容量が大きいパソコンを選ぶべきです。

また価格面で考えるとBTOパソコンなら不要なソフトウェアも入っていないので安く購入することができます。

そこで今回は僕の経験をもとに、DTMにおすすめのパソコンを以下の順番で解説していきます。

スポンサーリンク

DTMに必要なBTOパソコンの性能

OS:WindowsとMacのどちらがいいのか?

OSの選択ですが、結論から言うとDTMではWindowsとMacのどちらでも構いません。自分の使用するDAWに合わせて購入するのがいいでしょう。強いて言うならMacよりもWindowsのほうが対応しているDAWが多く価格も安いためおすすめです。

Windows対応DAW(音楽制作ソフト)

  • SONAR
  • FL Studio
  • ACID
  • Singer Song Writer

Mac対応DAW(音楽制作ソフト)

  • Logic Pro
  • GarageBand

CPU:Core i5又はRyzen5以上がおすすめ

CPUはパソコンの頭脳に例えられます。

DTMではリアルタイムで楽器演奏を録音したり、VST(プラグイン)などを使って録音された音にエフェクター加工をしたりします。

ここで重要なのは性能の低いCPUだとDAW(音楽制作ソフト)がうまく動いてくれないリスクが生じてきます。

CPUのメーカーは「インテル」と「AMD」の2社が有名です。

インテルのCPUはコア数やスレッド数に応じて世代ごとに名称が分かれており、左側のCore i9が一番高性能のCPUになります。

Core i9 > Core i7 > Core i5  > Core i3 > Pentium > Celeron > Atom

AMDのCPUも世代ごとに名称が分かれており、Ryzen9が一番高性能のCPUになります。

Ryzen9 > Ryzen7 > Ryzen5 > Ryzen3

気を付けたいのはパソコン購入後にCPUだけを交換するのは難しいため、CPUは最初から性能が高いものを選びましょう。インテルならCore i5以上、AMDならRysen5以上がおすすめです。

またトラック数の多い録音やエフェクターを多くかける作曲ならCore i7、Ryzen7以上あると更に安心です!

僕はバンド系サウンドや打ち込み系も作曲するためCore i7を選択しました。

メモリは16GB以上がおすすめ

メモリはパソコンの「短期記憶」を担当するパーツです。

DTMの音源となるファイルはメールや文書ソフトよりも格段に容量が大きくなります。またリアルタイム録音や音の加工でもメモリをかなり食います。

メモリは後から増設が可能ですが、DTMでは最初からメモリの容量は必要になります。

DTMでは重いプラグインの使用、トラック数が多い多重録音、打ち込みなどをすることからメモリは16GB以上がおすすめです!

SSDは500GB以上がおすすめ

ストレージはデータを保存しておく場所です。ストレージには大きく2種類あります。

  • SSD(ソリッドステートドライブ)
  • HDD(ハードディスクドライブ)

DTMではHDDよりもSSDのほうが向いています。

SSDはHDDに比べて価格が高いですがデータの読み書きが早いからです。サンプリング音源を多く使う場合、HDDの読み込み速度では音が途切れてしまう可能性もあるため、DTMではSSDを搭載したパソコンがおすすめです。

頻繁に使用する音源をSSDに保存することで読み込む際のロード時間もだいぶ解消できます。

SSDの容量ですが、OSがインストールされることを考えると500GB以上がおすすめです。

また音楽ファイルを今後たくさん保存することを考えると、HDDを1TB以上追加しておけば更に安心です。DTMでは何かとストレージ容量を食いますのでストレージは少しでも多いほうがいいと思います。

デスクトップorノートの選択

DTMをするのにデスクトップパソコンを購入するのかノートパソコンを購入するのかは、用途によって変わってきます。

僕が思うに持ち運びするかしないかで決まるかと。

自宅でじっくり作曲に没頭するなら容量が多いデスクトップがおすすめです。スタジオにパソコンを持ち込んで録音するなら、軽くて持ち運びがしやすいノートパソコンがおすすめです。

DTMにおすすめのBTOパソコン

ここから紹介するパソコンは先ほど解説した

  • CPU:Core i5又はRyzen5以上
  • メモリ:16GB以上
  • SSD:500GB以上

を搭載したパソコンです。BTOパソコンは無駄なソフトやアプリが入っていないぶん価格が安いため非常におすすめです!

DTMにおすすめのデスクトップパソコン

フロンティア:GHシリーズ

129,800円(税抜)

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:Intel Core i7-10700F
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB
  • HDD:2TB
  • グラフィック:GeForce GTX1660 Super
  • 光学ドライブ:非搭載

おすすめポイント!

タワー型の本体は横がスケルトンでお洒落!

メモリは16GB、ストレージはSSDが512GBにHDDが2TBと音楽制作に十分な容量。

グラフィックがGeForce GTX1660 Superを搭載しているので動画編集にも使えます。

尚、光学ドライブは非搭載なので音楽CDの再生、書き込みまで考えるなら外付けで追加購入を。

このスペックで129,800円(税抜)は激安!

商品詳細はこちら

サイコム:Radiant

102,090円~(税抜)

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:Intel Core i5~i9各種
  • メモリ:8GB~
  • SSD:480GB
  • HDD:追加可能
  • グラフィック:オンボードVGA
  • 光学ドライブ:非搭載

おすすめポイント!

高いカスタマイズ性を誇るサイコムのミドルタワー型はfractal designとのコラボ。

パソコンの脳にあたるCPUはインテル最新の第10世代を搭載し、Core i5~9を選択可能。

メモリは8GB、ストレージはSSD480GBから増量アップのカスタマイズスタート!

尚、光学ドライブは非搭載なので音楽CDの再生、書き込みまで考えるなら外付けで追加購入を。

CPU以外にも各パーツごとに細かくカスタマイズできるのがサイコムの最大の魅力です!

商品詳細はこちら

サイコムのおすすめDTMパソコンはこちら!

私がサイコムでDTMパソコンを購入した理由と、購入したパソコンのスペックを全公開します!

マウスコンピューター:DAIV

109,800円~(税抜)

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:Intel Core i7-10700
  • メモリ:16GB
  • SSD:256GB
  • HDD:1TB
  • グラフィック:GeForce GTX 1650 Super
  • 光学ドライブ:非搭載

おすすめポイント!

本体は幅広い拡張性をもつオープンベイと、マグネット式の脱着型フロントパネル。

パソコンの脳にあたるCPUはインテル最新の第10世代を搭載。

メモリは16GB、ストレージはSSDが256GBにHDDが1TBとややSSDの容量が足りないのでカスタマイズ購入で容量アップを!

尚、光学ドライブは非搭載なので音楽CDの再生、書き込みまで考えるなら外付けで追加購入を。

このスペックで109,800円~(税抜)は激安!

商品詳細はこちら

パソコン工房:STYLE-M1B4-R73X-DLX

129,980円~(税抜)

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:AMD Ryzen7 3700X
  • メモリ:16GB
  • SSD:500GB
  • HDD:なし
  • グラフィック:Radeon RX 5600 XT 6GB GDDR6
  • 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ

おすすめポイント!

ハイスペックパソコンが充実しているパソコン工房。

パソコンの脳にあたるCPUはAMD最新の第3世代を搭載。

メモリは16GB、ストレージはSSDが500GBなので、カスタマイズでHDDの追加容量アップを!

光学ドライブも搭載なので音楽CDの再生、書き込みOK。

STYLE-M1B4-R73X-DLX icon

DTMにおすすめのノートパソコン

■STYLE-15FXR21-i7-ROXVI

■基本スペック

  • OS:windows10 HOME64ビット
  • CPU:インテルCore i7-10750H
  • メモリ:16GB
  • SSD:500GB
  • HDD:1TB
  • 液晶:15.6型(非光沢カラー、解像度1920×1080)

■特徴

大容量のクリエイター向けノートパソコンです。これなら快適に音楽制作に没頭できます!

STYLE-15FXR21-i7-ROXVI icon

■STYLE-14FH056-i7-UCSX

■基本スペック

  • OS:windows10 HOME64ビット
  • CPU:インテルCore i7-10510U
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB
  • HDD:なし
  • 液晶:14.0型(非光沢カラー、解像度1920×1080)

■特徴

14型と持ち運びがしやすいコンパクトサイズ。SSDが1TBもあるクリエイターパソコンです。ノートパソコンでがっつり作曲したい人におすすめです。

STYLE-14FH056-i7-UCSX icon

■STYLE-17FH055-i7-UHSVI

■基本スペック

  • OS:windows10 Home 64ビット
  • CPU:インテルCore i7-9750H
  • メモリ:16GB
  • SSD:250GB
  • HDD:1TB
  • 液晶:17.3型(非光沢カラー、解像度1920×1080)

■特徴

SSDが256GBしかなのでカスタマイズで500GBに変更をおすすめします。それでもHDDは1TBもあるのでクリエイター向けの容量を誇るノートパソコンです。液晶が17.3型と大きくて画面が見やすい。

STYLE-17FH055-i7-UHSVI icon

DTMパソコンの選び方

DTMはパソコンに楽器をつなげて演奏を録音をしたり、音をエフェクターで編集したり、トラックの音をミックスしたりマスタリングをしたりといろんな作業をします。

そんな作業中にパソコンがフリーズしたり動作が重くなってしまっては、せっかくの音楽制作も台無しです。

ストレスフリーで音楽制作を進めるには高性能パソコンが必須となります。

ですが、初めてDTMをするあなたはどんなスペックのパソコンを選んだらいいのかわからないため、パソコンについて調べたり、悩んだり、迷ったりと、パソコン選びに時間を費やします。

当然パソコンは高い買い物ですので慎重になるのは当然です。しかも高いお金を出して快適な音楽制作環境を整えるわけですから尚更です。

ですが、あなたの真の目的はなんでしたっけ?!

そうです!音楽制作です。DTMです!

目的から外れ、パソコンの勉強に時間を費やすべきではありません。時間をかけるべきは、パソコン選びではなく音楽制作なのです!

最後にDTMに必要なパソコンの性能、おすすめのBTOパソコンはいかがでしたでしょうか?これからDTMを始める人のお手伝いができればと思い、今回このような記事をまとめてみました。

今回ご紹介したパソコンは、DTMにおすすめのパソコンばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。DTMパソコンを購入後、あなたに幸せな音楽制作ライフが訪れれば幸いです!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする