DTM、DAWにおすすめのBTOパソコンはコレだ!

dtm pc bto

DTMにおすすめのBTOパソコンを知りたい!

さてあなたはどのようなパソコンがDTMにおすすめかご存じでしょうか?

DTMではパソコンにDAW(Digital Audio Workstation)ソフトをインストールし、オーディオインターフェースやMIDIキーボードを接続します。そして楽器をオーディオインターフェースに接続し、演奏しながら録音をしていきます。

ソフトウェア・シンセサイザーで音を重ねたり、プラグインエフェクトで録音した音源ファイルを加工して編集を進めていきます。

このようにDTMでは負荷の高いパソコン処理をするため高性能パソコンが必要になるわけですが、これからDTMを始める人にとってはどんなパソコンを選んだらいいのか分からないことも多いと思います。

そこで今回はどれを選んだらいいのか迷うことがないよう、DTMにおすすめのBTOパソコンを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

DTMに必要なBTOパソコンの性能

OS:WindowsとMacのどちらがいいのか?

OSの選択ですが、結論から言うとDTMではWindowsとMacのどちらでも構いません。自分の使用するDAWに合わせて購入するのがいいでしょう。強いて言うならMacよりもWindowsのほうが対応しているDAWが多く価格も安いためおすすめです。

Windows対応DAW(音楽制作ソフト)

  • Cubase
  • FL Studio
  • ACID
  • Singer Song Writer

Mac対応DAW(音楽制作ソフト)

  • Logic Pro
  • GarageBand

CPU:Core i5又はRyzen5以上がおすすめ

DTMパソコンのCPUは、インテルならCore i5以上、AMDならRysen5以上がおすすめです。

CPUは人の頭脳に例えられ処理速度を左右する重要なパーツです。DTMではリアルタイムで楽器演奏を録音したり、VST(プラグイン)を使って録音された音にエフェクター加工をするため、CPUの性能が低いとDAW(音楽制作ソフト)がうまく動いてくれないリスクが生じます。

CPUはコア数やスレッド数に応じて世代ごとに名称が分かれており、Core i9、Ryzen9が一番高性能のCPUになります。

インテルAMD性能用途
Core i9Ryzen9★★★★★★高解像度動画編集、イラスト、写真
Core i7Ryzen7★★★★★動画編集、オンラインゲーム
Core i5Ryzen5★★★★動画編集、オンラインゲーム
Core i3Ryzen3★★★WEBサーフィン、動画視聴、オフィス
Celeron オフィス作業

パソコン購入後にCPUだけを交換するのは難しいため、CPUは最初から性能が高いものを選びましょう。

またトラック数の多い録音やエフェクターを多くかける録音ならCore i7、Ryzen7以上あると更に安心です!

メモリは16GB以上がおすすめ

メモリも容量が多ければ多いほど安心ですが、最低でも16GB以上は用意しましょう。

メモリはパソコンの「短期記憶」を担当するパーツです。

DTMの音源となるファイルはメールや文書ソフトよりも格段に容量が大きくなります。またリアルタイム録音や音の加工でもメモリをかなり食います。

メモリは後からでも増設可能ですが、重いプラグインの使用やトラック数が多い多重録音、打ち込みなどを考慮すると最低でも16GB以上がおすすめです!

SSDは500GB以上がおすすめ

ストレージはSSDで最低500GB以上は用意しましょう。

ストレージはデータを保存しておく場所で大きく分けると2種類あります。

  • SSD(ソリッドステートドライブ)
  • HDD(ハードディスクドライブ)

DTMではHDDよりもSSDのほうが向いています。

理由はSSDのほうがHDDに比べてデータの読み書きが早いからです。サンプリング音源を多く使う場合、HDDの読み込み速度では音が途切れてしまう可能性もあるため、DTMではSSDを搭載したパソコンがおすすめです。

頻繁に使用する音源をSSDに保存することで読み込む際のロード時間もだいぶ解消できます。

SSDの容量は、OSがインストールされることを考えると最低でも500GB以上は欲しいところ。

また音楽ファイルをたくさん保存するなら、SSDにHDDを追加してもいいかもしれません。DTMでは何かとストレージ容量を食いますのでストレージは少しでも多いほうがいいと思います。

デスクトップorノートの選択

DTMをするのにデスクトップパソコンを購入するのかノートパソコンを購入するのかは、用途によって変わってきます。

僕が思うに持ち運びするかしないかで決まるかと。容量が多いデスクトップは、自宅でじっくり作曲に没頭したいあなたにおすすめです。

軽くて持ち運びがしやすいノートパソコンは、スタジオにパソコンを持ち込んで録音したいあなたにおすすめです。

更にDTMパソコンのスペックについて詳しい記事はこちら!

おすすめのDTMパソコンとはどのようなパソコンなのでしょうか?DTMパソコンの選び方について、WindowsとMacのどちらがいいのか?デスクトップとノートパソコンのそれぞれのメリット、デメリット。DTMパソコンはどのくらいのスペックが必要か?DTMにおすすめのパソコンを詳しく解説します。

DTMにおすすめのBTOパソコン

それでは上記のスペックを踏まえ、DTMにおすすめのBTOパソコンをご紹介します。数あるBTOパソコンの中でおすすめとした理由と併せてチェックしてみてください。

フロンティア「GAシリーズ」

トラック数の少ないバンド系音楽を作曲したい!という人は、フロンティアのGAシリーズがおすすめ。

SSDが1TBあるので、そこそこ録音データが保存できます。

DTMパソコンとしての価格で見れば17万円台はお手頃なので、なるべくパソコンを安く購入したいという方にもおすすめ!

おまけにグラフィックボードがGeForce RTX3050なので動画編集にも対応できます。

  • OS:Windows11 Home 64ビット
  • CPU:インテル Core i5-12400F
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB
  • グラフィック:GeForce RTX3050

GAシリーズの詳細

マウスコンピューター「DAIV Z5」

打ち込みやオーケストラなどトラック数の多い作曲をしたい!人はマウスコンピューターのDAIV Z5がおすすめ。

メモリが32GBでストレージがSSD512GB+HDD1TBのダブルストレージなので、重い録音データも保存できます。

ダブルストレージ+最新世代のCPU搭載で25万円台はお手頃と言えます。

こちらもグラフィックボードがGeForce RTX3050なので動画編集にも対応できます。

  • OS:Windows11 Home 64ビット
  • CPU:インテル Core i7-12700F
  • メモリ:32GB
  • SSD:512GB
  • HDD:1TB
  • グラフィック:GeForce RTX3050

DAIV Z5の詳細

サイコム「Radiant GZ3500Z790/D5」

Radiant GZ3500Z790/D5は、高いカスタマイズ性を誇る定番のミドルタワーモデルなので、自分の思うようにカスタマイズしたい方におすすめです。

ケースはスタイリッシュなFractal Design CORE 2500をベースに、防振インシュレータが追加され、天板メッシュを排除し、静音性と防塵性も向上されています。

CPUはインテルCore i5,i7,i9の中から選択できます。メモリは128GBまで、SSDは2TBまで増やせますので、動画編集、オンラインゲーム、写真編集など高負荷作業をやりたい方におすすめのモデルです。

  • OS:Windows10 Home
  • CPU:Core i5~Core i9
  • メモリ:16GB~128GB
  • SSD:480GB~2TB
  • ビデオカード:Geforce,NVIDIA選択可能

Radiant GZ3500Z790/D5の詳細はこちら

パソコン工房「SENSE-M0P5-R56X-RBX」

初めてDTMを始めたい!という初心者の方にはパソコン工房のSENSE-M0P5-R56X-RBX。

容量的にはバンド系音楽の作曲におすすめです。

メモリ32GB、SSD500GBにも関わらず15万円台と高コスパ。

おまけにグラフィックボードがGeForce RTX3060なので動画編集にも対応できます。

  • OS:Windows11 Home 64ビット
  • CPU:AMD Ryzen 5 5600X
  • メモリ:32GB
  • SSD:500GB
  • グラフィック:GeForce RTX 3060

SENSE-M0P5-R56X-RBXの詳細はこちら icon

DTMにおすすめの格安ノートパソコン

ここではDTMに対応できるスペック且つ格安のノートパソコンをご紹介します。

コスパは非常に高いです。

パソコン工房「SENSE-17FX153-i7-NAZX」

打ち込みやオーケストラなどトラック数の多い作曲をしたい!人はパソコン工房のSENSE-17FX153-i7-NAZXがおすすめ。

メモリが32GBでストレージがSSD1TBの大容量ノートなので、重い録音データも保存できます。

大容量ノートで価格18万円台はお手頃と言えます。

こちらもグラフィックボードがGeForce RTX3050なので動画編集にも対応できます。

  • OS:windows10 home 64ビット
  • CPU:インテル Core i7-12700H
  • メモリ:32GB
  • SSD:1TB
  • グラフィック:GeForce RTX 3050
  • 液晶:17.3型(非光沢、1920×1080)

SENSE-17FX153-i7-NAZXの詳細 icon

フロンティア「LNAシリーズ」

トラック数の少ないバンド系音楽を作曲したい!という人は、フロンティアのLNAシリーズがおすすめ。

SSDが1TBあるので、そこそこ録音データが保存できます。

DTMノートとしての価格で見れば16万円台はお手頃なので、なるべくパソコンを安く購入したいという方にもおすすめ!

おまけにグラフィックボードがGeForce GTX 1650なので動画編集にも対応できます。

  • OS:windows11 HOME 64ビット
  • CPU:インテル Core i7-12700H
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB
  • グラフィック:Intel Iris Xe グラフィックス
    NVIDIA GeForce GTX 1650 Laptop GPU
  • 液晶:15.6型(非光沢、解像度1920×1080)

LNAシリーズの詳細はこちら

DTMパソコンの選び方

DTMはパソコンに楽器をつなげて演奏を録音をしたり、音をエフェクターで編集したり、トラックの音をミックスしたりマスタリングをしたりといろんな作業をします。

そんな作業中にパソコンがフリーズしたり動作が重くなってしまっては、せっかくの音楽制作も台無しです。

ストレスフリーで音楽制作を進めるには高性能パソコンが必須となります。

ですが、初めてDTMをするあなたはどんなスペックのパソコンを選んだらいいのかわからないため、パソコンについて調べたり、悩んだり、迷ったりと、パソコン選びに時間を費やします。

当然パソコンは高い買い物ですので慎重になるのは当然です。しかも高いお金を出して快適な音楽制作環境を整えるわけですから尚更です。

ですが、あなたの真の目的はなんでしたっけ?!そうです!音楽制作です。DTMです!

目的から外れ、パソコンの勉強に時間を費やすべきではありません。時間をかけるべきは、パソコン選びではなく音楽制作なのです!

最後にDTMに必要なパソコンの性能、おすすめのBTOパソコンはいかがでしたでしょうか?これからDTMを始める人のお手伝いができればと思い、今回このような記事をまとめてみました。

今回ご紹介したパソコンは、DTMにおすすめのパソコンばかりですので、ぜひ参考にしてみてください。DTMパソコンを購入後、あなたに幸せな音楽制作ライフが訪れれば幸いです!

スポンサーリンク

フォローする