動画編集におすすめのパソコンはコレだ!

最近はパソコンさえあれば誰でもYouTubeやニコニコ動画に映像と音楽を組み合わせた本格的な動画をアップすることができるようになりました。

これから動画編集を始めるあなたにとっては、どのようなスペックのパソコンが動画編集に向いているのかわからないのではないでしょうか?

動画編集ではエフェクト(効果)をかけたり、高画質な動画を処理するため、編集には高いスペックのパソコンが必要になります。

そこで今回は初心者でもわかるように、動画編集用パソコンの選び方と、フルHD、4K動画編集におすすめのパソコンそれぞれご紹介します!

スポンサーリンク

動画編集用パソコンの選び方

CPUの選び方

CPUはパソコン全体の処理性能を決める重要なパーツで、OSや動画編集ソフトなどの各種アプリを動かす役割を担っています。CPUの性能が高ければ高いほど動画編集作業が快適になります。

CPUの性能にはクロック周波数・コア数・スレッド数が3つがあり、クロック周波数はGHzという単位で表記され数値が高いほど高速な処理ができます。

コア数が多いと、動画のエンコード(ファイル変換・書き出し)などの高負荷を要求する処理が高速で進められます。

スレッド数が多いと、音楽を聴きながら動画編集をするなどの同時処理が快適になっていきます。動画編集においては特にコア数とスレッド数がより重要になります。

フォトムービー程度の動画制作では、Core i5などのミドルクラスのCPUでも十分ですが、DVD・ブルーレイの制作や、YouTube、ニコニコ動画などの動画制作では、Core i7(6コア/12スレッド)以上のCPUがおすすめです。

メモリの選び方

メモリはパソコンで処理したデータの一時保管場所としての役割を担っています。

メモリの容量が多いほど作業領域が広くなり、より多くのデータをメモリ上に保持しておくことが可能になります。

動画ファイルなどの大容量データを扱うには、メモリの容量を増やすことでスムーズに作業が進められます。

動画編集をするならメモリが16GB以上のパソコンがおすすめです。

スライドショーの作成では少なめのメモリでも作業は進められますが、大容量のデータを扱う本格的な動画編集となると、メモリが16GB以上ないと快適に作業するのが難しくなります。

またデスクトップはメモリを後からでも増設ができますが、ノートパソコンでは増設ができない場合が多いので、最初から大容量のメモリを搭載したモデルを購入したほうがいいと思います。

ストレージの選び方

メモリがデータの一時的な保存に使われるのに対し、ストレージはデータの長期的な保存に使用されるパーツです。

ストレージには、SSD(ソリッドステートドライブ)とHDD(ハードディスクドライブ)の2種類があります。このSSDとHDDにはそれぞれメリット、デメリットがあります。

SSDはHDDと比較して価格は高いですが、処理速度が速く、衝撃に強いうえ、静音性に優れています。

一方、HDDはSSDと比較して処理速度が遅く、衝撃に弱いですが、大容量でも価格が安いです。

そこで両者のデメリットをカバーするために、容量の多いSSD搭載モデルか、SDDとHDDの両方が搭載されたモデルがおすすめになります。

頻繁に読み込むOSやアプリなどはSSDで高速処理しつつ、素材や完成コンテンツの保存は大容量のHDDに保存することで、高速かつ大容量のパソコンで快適に動画編集ができるわけです。

グラフィックスの選び方

グラフィックスはディスプレイへの映像出力や、写真や動画のレタッチ編集、イラストの描画などの処理を担っています。グラフィック周りの動作処理を請け負っており、メモリにかかる負荷を軽減してくれます。

グラフィックスにはCPU内蔵型とCPUの外部に搭載されている独立型の2種類がありますが、独立型のグラフィックスはCPU内蔵型よりも容量が大きいので、高負荷なグラフィック処理を安定した動作で進められます。そのため動画編集をするなら独立型のグラフィックスを搭載したパソコンがおすすめです。

独立型のグラフィックスではNVIDIA社の「GeForce」とAMD社による「Radeon」の2つが主流ですが、多くの動画編集ソフトは動作確認や最適化をNVIDIA製のグラフィックスで行っている場合が多いです。フルHD以下の動画編集ならば「GeForce GTX 1050 Ti」で十分ですが、4K動画の編集を行う場合は「GeForce GTX 1070」以上のグラフィックス搭載モデルがいいと思います。

液晶サイズと解像度の選び方

快適に動画編集をするには、液晶のサイズと解像度も重要です。

液晶サイズは、動画編集ソフト上で動画素材と各編集ボタンを画面に大きく表示させるために、ノートパソコンの場合は最低でも15インチ以上は必要です。

また解像度は現在主流であるフルHD解像度(1920×1080)の動画を編集する場合は問題ないですが、フルHDの4倍高精細な4K動画(3840×2160)を編集する場合は、素材を忠実に再現表示するために解像度も4Kに対応したモデルが必要になります。

フルHDの動画編集におすすめのパソコン

raytrek-V Adobe CC推奨モデル MX

 

■ユーザー満足度:4.5

■基本スペック

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:Core i7-9700
  • メモリ:16GB
  • SSD:1TB
  • HDD:無し
  • グラフィックス:GeForce GTX1650 4GB

■ユーザーレビュー

・SSDの速さには感動します。再起動もソフトのインストールも超快適です!何より、パソコンの電源を入れているのか、入れていないのか分からないほど静かで、とても作業に集中しやすいです。Adobe推奨モデルでイラストレーターやインデザインの起動も滅茶苦茶早いので、急な作業にもスムーズに対応してくれます。素晴らしいパソコンです!

・旧機の使用が7年を超え、Adobe CCが物凄く重くて困っていたので、分割手数料無料の機会に買い替えを決意。BTOは初です。起動が早くてすぐ作業出来るのが嬉しいです。色々起動してももったりせず、ストレスが減りました。初期設定用の冊子も有り難いです。

・サクサク動いてとても使いやすいです 3dモデルや絵を描くためにと思い買いましたが今のところ重くなって遅くなることもなく動画を見ながら作業もできてます。

raytrek-V Adobe CC推奨モデル MX

raytrek-V Adobe CC推奨モデル XT

■ユーザー満足度:4.5

■基本スペック

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:Core i7-9700
  • メモリ:32GB
  • SSD:512GB
  • HDD:2TB
  • グラフィックス:GeForce GTX1660Ti 6GB GDDR6

■ユーザーレビュー

・今まではオールマイティーなパソコンでしたが、動画投稿をするようになって買い替えました。編集がとても速くできるようになり喜んでおります。

・それなりに速いのでストレスは感じません。コストパフォーマンスもそこそこいいですね。 出来ればCPUを第10世代のCPUを選択できるようにしてほしかった。CPUの選択の幅がもっと大きいと嬉しい。同時に購入したBenQのモニターが4K対応で非常に精細な情報を表示してくれます。

・手持ち機種では、ややもたつきを感じていた紙用データもいいかんじに動かせ、重たすぎたフィルタ処理などは秒で終わりました。検討していた他社さんではなかったカードリーダーや光学ドライブもついていたし、静音性が本当に素晴らしく驚いています。USBポートがもう少し多かったら嬉しかったのと、増設用にかなり大きいのですがここまでは使わないので、サイズもう少し控えめでしたら完璧でした。性能面は自分の求めるものは十分すぎるほどです。ありがとうございます。

raytrek-V Adobe CC推奨モデル XT

raytrek ZT

■ユーザー満足度:4.75

■基本スペック

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:Core i7-9700KF
  • メモリ:32GB
  • SSD:512GB
  • HDD:2TB
  • グラフィックス:GeForce GTX1660Ti 6GB GDDR6

■ユーザーレビュー

・理論値的には今までの5倍のスペック 体感10倍スペック。めちゃくちゃ早いっす。Adobe使用時によくわかります。

・フォトショップccを使用しての画像処理専用機として購入しました。7年前の機に比べて処理速度は速くブラシの追従がよく補正も楽になりました。こんなに高いパソコンを買うのは初めてでしたが、写真編集がスムーズになり、買って良かったと思います!!

・10年ぶりに初代Core i7のマシンから買い換えました。 動画の変換スピードは6倍、しかもCPUフル稼働でも静かで驚きです。 サイドからハードディスクを8台も設置できる点で決めました。 ケースの作りもしっかりしており大満足です。

raytrek ZT

GALLERIA GCR1660TGF-QC

■ユーザー満足度:4.5

■基本スペック

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:Core i7-9750H
  • メモリ:16GB
  • SSD:512GB
  • HDD:無し
  • グラフィックス:GeForce GTX1660Ti
  • 液晶サイズ:15.6型
  • 解像度:1,920×1,080

■ユーザーレビュー

・フォトナやってるんですが、ほんとうにええパソコン買えました。ありがとうございます。

・動作や処理の速さがとてもいいです。また軽いので持ち運びにも便利です! ありがとうございました。

・到着が早い。薄くて持ち運びに便利。キーボードバックライトカスタマイズ等、デザイン性もお気に入り。もちろんスペックも申し分無しのため大満足の一品。

GALLERIA GCR1660TGF-QC

m-Book W890XN-M2SH2

■ユーザー満足度:4.3

■基本スペック

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:Core i7-9750H
  • メモリ:16GB
  • SSD:256GB
  • HDD:1TB
  • グラフィックス:GeForce GTX1650
  • 液晶サイズ:17.3型
  • 解像度:1,920×1,080

■ユーザーレビュー

・REGZA PCからの買い替えです。来年1月のWindows7のサポート終了と増税前のため購入しました。PCのスペックは申し分ないです。SSDの起動が超速くて今までHDDからの起ち上げは何だったのかと思うくらいです。

・GTX1650のグラフィックカードもハイビジョンゲームなら十分過ぎる性能です。DOAXの基本無料をダウンロードしてみましたがグラフィック項目を全て最高に設定しても処理落ちすることはありませんでした。

m-Book W890XN-M2SH2 icon

STYLE-15FX065-i7-RXFX

■基本スペック

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:Core i7-9750H
  • メモリ:16GB
  • SSD:500GB
  • HDD:無し
  • グラフィックス:GeForce GTX 1660 Ti 6GB GDDR6
  • 液晶サイズ:15.6型
  • 解像度:1,920×1,080

■ユーザーレビュー

なし

STYLE-15FX065-i7-RXFX icon

4K動画編集におすすめのパソコン

raytrek ZQ-RTX

■ユーザー満足度:4.75

■基本スペック

  • OS:Windows 10 Pro 64ビット
  • CPU:Core i9-9900K
  • メモリ:32GB
  • SSD:512GB
  • HDD:3TB
  • グラフィックス:Quadro RTX4000 8GB

■ユーザーレビュー

・静かです。cintiqpro24を繋いで4K環境で作業していますが、今のところ問題なく動いています。3Dも軽そうです。

・非常に気持ち良く使っています。もう少し拡張スロットが欲しいです。例えばUSB,ガードなど。

・動作音が予想以上に静かでとても快適です。

raytrek ZQ-RTX

raytrek ZZ

■ユーザー満足度:5.0

■基本スペック

  • OS:Windows 10 Pro 64ビット
  • CPU:Core i9-9900K
  • メモリ:32GB
  • SSD:512GB
  • HDD:3TB
  • グラフィックス:GeForce RTX2080 Ti 11GB

■ユーザーレビュー

・希望のカスタマイズが柔軟にでき、配送および梱包も丁寧にされていました。今後、さらにカスタマイズしていく予定なので、セーフティーサービスは非常に便利。満足です。

raytrek ZZ

まとめ

動画編集におすすめのパソコンはいかがでしたでしょうか?

パソコンの選び方、フルHDの動画編集、4Kの動画編集におすすめのパソコンをもう一度おさらいしてみてください。

この記事であなたに素敵な動画編集ライフが訪れれば幸いです!

スポンサーリンク

フォローする