BTOショップでついに購入!私のDTMパソコンのスペック公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DTMパソコンを販売しているBTOショップはたくさんあります。私もCubaseで音楽制作をする予定でDTMパソコンの購入を検討。どこのBTOショップで購入するか随分迷いましたが、この度ついに購入!

実際使ってみての感想ですが・・・、

超~快適!

届いた時のケースのデカさにはちょっとビックリしましたが、電源を入れてから起動するまでの立ち上がりが超早い。

そしてサクサク動きます!

フリーズもないし、アップデートも以前のパソコンと比べて早い。

コストパフォーマンスは最高。高い買い物でしたが、このパフォーマンスなら大満足!

そこで今回は、私がどこのBTOショップで、何を基準にDTMパソコンを購入したかご紹介!

スポンサーリンク

私が購入したBTOショップとDTMパソコンのスペック

ズバリ、私が選んだBTOショップはサイコムでした!
そして購入したDTMパソコンのスペックがこちら!

CPU      : Intel Core i7-4790 [3.60GHz/4Core/HT/HD4600/TDP84W] Haswell Refresh搭載モデル(標準構成価格95,860円)
CPUグリス: CPUクーラー付属グリス(標準)
CPU-FAN  : Noctua NH-D9L [空冷/CPUファン]★高性能CPUグリス NT-H1付属★(+6,120円)
MOTHER  : ASRock Z97 Pro4 [Intel Z97chipset](標準)
MEMORY  : 16GB DDR3 SDRAM PC-12800 [8GB*2枚/メジャーチップ・6層基板](+9,110円)
READER  : なし(標準)
HDD/SSD  : Seagate ST1000DM003 [1TB 7200rpm 64MB](+1,480円)
HDD/SSD2 : なし(標準)
HDD/SSD3 : なし(標準)
OptDrive : 【黒】DVD; LG GH24NSC0 BL+書込みソフト(標準)
VGA      : オンボードグラフィックス(標準)
ExCard  : オンボードサウンド(標準)
LAN      : Gigabit LAN [1000BASE T] オンボード
CASE    : 【黒】Corsair Carbide 330R Silent [CC-9011071-WW] ★新入荷!★(+1,340円)
CASE-Option: なし(標準)
POWER    : Corsair RM650 (CP-9020054-JP) [650W/80PLUS Gold](+7,420円)
OS      : Microsoft(R) Windows8.1 (64bit)DSP版★「DSP版Windows 8.1 らくらく引越しソフト付き!」(+15,930円)
Office  : Microsoft(R) Office Personal Premium プリインストール版(+20,450円)
SOFT    : なし(標準)
N-PAD    : なし(標準)
保証    : 通常保証1年+延長保証2年(+7,880円)

◎周辺機器(キーボード・マウス・ディスプレイ等)
OTHER2  : なし(標準)
KEY      : 【黒】Logicool Keyboard K120 [USB/日本語109](+1,790円)
MOUSE    : 【黒】Logicool Mouse M100r [光学式](+860円)
Mousepad : なし(標準)
USBメモリ: なし(標準)
無線LAN子機: なし(標準)
SPEAKER  : なし(標準)
MONITOR  : 【黒】アイオーデータ LCD-MF243EBR [23.6型ワイド/D-Sub/DVI/HDMI](+19,950円)
MONITOR2 : なし(標準)

DTMパソコンを購入する際のスペックの基準とは

音楽制作を行う上でまず絶対に考えなくてはならないのは、
制作作業がストレスフリーでなくてはならないこと!

画面がフリーズしたり、リアルタイム録音において音が遅れてモニタリングされたり、オーディオインターファイスの接続端子が足りず録音作業ができなかったりでは、高いお金を出してパソコンを購入した意味もありませんし、作品以前に何より後悔だけが残ってしまいます。

一般的言われるDTMパソコンの推奨最低スペックは、以下のようになります。

 
■CPU:インテル Core i5/Core i7
■メモリー:8GB
■HDD(ハードディスク):1TB HDD
■USB端子3つ以上
■電源500W

で、ちょっと心配だったので、バージョンを上げて以下のスペックで購入!

■CPU:インテル Core i7-4790
■メモリー:16GB(8GB*2枚)
■HDD(ハードディスク):1TB HDD(7200rpm)
■USB端子3つ以上
■電源650W/80PLUS Gold
■モニター:音楽編集がしやすいように画面は大きめ

要は、外観とかどうでもよかったので、中身にお金を掛けて、快適な環境を作ろうとしたわけです!

数あるBTOショップから、サイコムにした理由?

サポート期間などの内容は、どこのBTOショップも対して変わらない気がしました。

ただ、CPU、メモリー、HDD、電源、モニターなどの各種パーツのスペックは変わらなくても、取り扱っているメーカーが違うのがネックとなりました。

つまり、どこのメーカーが良くて、どこのメーカーが悪いのか?パーツ単位で考えてなくてはならないかったのです。

結局細かいパーツ単位での評判までは調べる余裕がなく、購入前に参考になるのがネットの情報だけだったので、悪い評判が少なかったサイコムにしました!

つまり消去法。

サポートが悪いだ、すぐに壊れただの情報は結果論で、そんなもの使っていないとわからないし、当たり外れもあると思ったので鵜呑みにせず参考程度に。

ただ、高い買い物なので保証期間を追加料金で2年延長しました!
(これはどこのBTOショップでもできること!)

DTM用、BTOパソコンをサイコムで購入したおすすめの理由とは!

BTOショップの特徴

BTOショップはいくつもあります。正直私もいろいろ調べましたが、私が購入したスペックはどこのBTOショップでも購入可能です。

面倒臭いからどこで買ってもいいやと最初は思ったのですが、詳しく見ていくとBTOショップにもそれぞれメリット・デメリットがあります。

今回私は、音楽制作が目的で、自分なりにカスタマイズしてDTMパソコンを購入したわけですが、BTOでパソコンを購入する際は、自分の希望するニーズに合っているかどうか!(ここが大事!)ちゃんと振るいにかけて選ぶことが重要!

最後にもう一度おさらい!DTMするなら、このくらいのスペックは用意してね!参考までにスペックについての記事も書いたので、失敗しないように購入する前に絶対に読んでね! 

結果、パソコンのカスタマイズが苦手という人には、BTOショップからDTM専用のパソコンも販売しているから、そちらもお勧めします。

DTM、DAWで使う音楽制作用BTOパソコンの推奨スペック

ドスパラで販売しているDTM、DAW専用のBTOパソコンがおすすめ!

 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加