BTOパソコンメーカー比較、おすすめはココだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BTOパソコンとは「Build To Order」の略称で受注生産という意味です。

予算や用途に応じて自分でパソコンの構成を決められるのがBTOパソコンの大きな特徴です。

もちろん、PCの知識がない方でも予算ごとに標準の構成が用意されていますので、そこからHDDの容量を増やしたり、Blu-rayドライブを付けたりと自分好みに様々なカスタマイズを行うことができます。

このように、カスタマイズ性の高いPCのことをBTOパソコンと呼びます。一般的に家電量販店などで売られているパソコンは、メーカー製パソコンと言います。

実際に目で見て購入できるなどのメリットがありますが、様々なソフトやアプリケーションが最初からパソコンに入っているため、値段が高かかったり、求めるスペックにカスタマイズできないなどのデメリットがあります。

一方でBTOパソコンは、自分にとって必要なパーツやソフトたけを注文できることから、値段を安く抑えたり、ハイスペックな仕様にカスタマイズして購入できるメリットがあります。

スポンサーリンク

BTOパソコンメーカーの比較とおすすめ

BTOパソコンはコストパフォーマンスが高く、僕にとっては本当に満足のいく買い物でした。今回はそんなBTOパソコンを取り扱っているショップを厳選してご紹介します。

ドスパラ

ドスパラ公式サイト

ドスパラはBTO業界でも1、2を争う知名度を誇るショップ。用途ごとに分けられたパソコンの種類は多く充実しています。一般向けからクリエイターパソコンまでおそらくここで探せばたいていの希望は満たせます。パーツの種類が豊富でカスタマイズもしやすいのでコアユーザーにもおすすめ。また、出荷までにかかる時間が短く、最短で注文当日に出荷できるものもあるので急ぎの場合もこちらを利用すると良いと思います。

FRONTIER(フロンティア)

FRONTIERダイレクト

FRONTIERはミドルエンド以上のパソコンの品質に力を入れているBTOショップ。大容量で日本製の電源を標準搭載しているので故障にも強く、電源の負荷がかかりやすいハイエンドのPCを検討しているなら選択肢の一つとしておすすめ。サポートや出荷の速さは標準的。感覚的には10万円以上の価格帯が充実している印象があります。特にセール時は掘り出し物が多いので、こまめにチェックしてセールを狙うのもあり。

MOUSE(マウス)

BTOパソコン・PC通販ショップのマウスコンピューター

乃木坂48のCMでおなじみのBTOパソコンのMOUSE。ここ数年で品質の改善に力を入れてかなり伸びてきているという印象。ここは24時間サポートを受け付けているのでPCの急なトラブル時にも安心。エントリーモデルからハイエンドモデルまでバランスよく揃っていて、全体的に価格が安いというのがMOUSEの特徴です。修理やサポートなどの対応もしっかりしているので安心できるショップです。

Sycom(サイコム)

BTOパソコンのサイコム

Sycomはカスタマイズ性、品質ともにトップクラスの人気BTOショップ。ある程度知識がある方ならここが一番希望のパソコンを組める可能性が高いです。パーツの型番などもしっかりと明記されているので、購入前に得られる情報が多いというのも特徴。一方で、値段は若干他店より高いのでコスパ重視の方にはあまり向きませんが、安さ重視の方向けにパーツだけ選んで自分で組み立てる自作キットというものも販売していて、こちらは自分で組み立てる分かなり安く購入できるようになっています。

パソコン工房

ノートパソコンのことならパソコン工房通販ショップ

ビジネスやクリエイターなど一般向けのPCが充実しているのがBTOパソコンのパソコン工房。毎月行われるセールがとにかく安いので、購入を検討するならセール品がおすすめ。タイミングによっては他店と比べて最安値になることもしばしば。パソコン工房の特徴として、全国に実店舗を持っているので持ち込みでの修理やサポートが可能という点が挙げられます。BTOだとどうしてもメールや配送でのやり取りが基本になってしまうので、対面でのサポートを受けたいという方にもおすすめです。

TSUKUMO(ツクモ)

ツクモ公式サイト

TSUKUMOは、ヤマダ電機傘下の老舗BTOショップ。ゲームPCアワードで長きにわたって満足度1位を獲得している実力派です。初期の構成のままでもスペックと価格のバランスが良く、PCの知識に自信がない方にも安心しておすすめできます。BTOショップの中でも長期保証に力を入れているので、初めてBTOを利用するので不安があるという方にもおすすめ。カスタマイズ性は少なめなので、自分好みのスペックにバリバリカスタマイズしていきたいという方には少し不向きかも。

Lenovo(レノボ)

Lenovo

ノートパソコンで選ぶならレノボのオンラインストアもおすすめです。3万円台のエントリークラスから10万円程度のミドルクラスまで幅広く揃っており、軽量モデルやフルスペックなど様々な用途に対応しています。カスタマイズ性は標準ですが、レノボブランドの商品なので他ショップに比べて知名度と安定性があります。PCの下取りサービスも行っているので、買い替えを検討している方は利用してみるといいかも。

DELL(デル)

[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>

デルはアメリカの大手パソコンメーカーです。デルの特徴は、ミドルクラス以上のPCが比較的安価で購入できるという点です。特にゲーミングPCやクリエイティブ用途で考えている方は検討されると良いと思います。ただ、構成が決まっているパッケージでの購入で大幅な割引があることが多いので、自分で細かくパーツをカスタマイズしたいという場合には少し割高になってしまう場合があります。サポートが海外になる場合もあり、そのあたりを割り切れる方向けにはなるかもしれません。

BTOパソコンとメーカー製パソコンの比較

僕は、品質が高いと言われネットでの悪い噂が少なかったサイコムでBTOパソコンを購入しました。

私が購入したBTOパソコンの性能はこちらです。

  • OS : Microsoft(R) Windows8.1 (64bit)
  • CPU:Intel Core i7-4790
  • MEMORY  : 16GB
  • HDD : 1TB 7200rpm 64MB

なかなかの高性能でしょ?購入したBTOパソコンの感想はズバリ!

超~、快適!
電源を入れてからの起動が早い!
そしてサクサク読み込んで画面が切り替わります。

フリーズすることなどありません。アップデートも以前利用していたメーカー製パソコンより圧倒的に早く終了します。購入後、約1年が経過しましたが、故障もありません。

BTOパソコンの価格は他の電気店にある同スペックのタイプ(約22万~24万)と比べると、約3万円~5万円安く19万円で購入できました。

BTOパソコンの魅力は、とにかく高性能のパソコンを安く購入できることです。BTOパソコンはコストパフォーマンスがかなり高いと思います。

正直一度BTOで購入してしまうと、もう家電量販店などのメーカー製パソコンには戻れません!またカスタマイズで購入することで、パソコンのパーツやスペック、機能や役割なども詳しくなっていきます。性能を上げたければどうしたらいいのか?安く購入するにはどこを削ればいいのか?など詳しくなるにつれて考えるのも楽しくなってきます。試してみる価値は大です!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加