おすすめのDTMパソコンはコレ!安さとスペックを重視!

これからパソコンでDTMを始めたい人の多くが、どんなパソコンを購入すれば、問題なく快適にDTMができるのかわからない人も多いのではないでしょうか?

DTMパソコンを購入する際に重要なことは、パソコンの性能を上げるためのスペック選びです。DTMにはハイスペックのパソコンが必要と何となく想像はする人もいるでしょうが、具体的なスペックまでは分かりづらいもの。

初めてDTMパソコンを購入する人にとっては、「どの程度の性能でスペックを選んでパソコンを購入していいかわからない!スペックを自分で選ぶのが苦手!」なんて悩んでいる人も多いはず!

実際にパソコンは高い買い物ですし、できればなるべく価格を抑えて安くパソコンが購入できたらと思っている人も多いと思います。

今回ご紹介するおすすめのDTMパソコンとは、DAWソフトをスムーズに且つ快適に動作させることができるスペックを搭載したパソコンをここでは指します。

スペックが足りないと音楽制作の作業中にフリーズや音切れなど、思わぬトラブルになりかねません。DTMパソコンにおいて重要なことは、OSの種類、CPUの種類、メモリーの容量、HDDの容量、USB端子の数などが、DAWソフトが推奨している最低スペックを満たしていることです。

一般的にDTMに必要なパソコンのスペック

  • OS:Windows 64bit
  • CPU:インテル Core i5/Core i7
  • メモリー:8GB~16GB
  • HDD(ハードディスク):1TB HDD 7200rpm
  • USB端子3つ以上
  • 電源500W

それでは、DTMに必要なスペックを搭載したパソコンのみをご紹介していきます!スペックの選び方がわからない人、カスタマイズでの購入が苦手な人におすすめです。

DTMパソコンは、BTOショップから多数のラインナップで販売されておりますが、ここでは知名度の高いおすすめのDTMパソコンを厳選してご紹介していきます!

スポンサーリンク

おすすめのDTMパソコン「raytrek-DTM」

raytrek-DTM ABLITY+VOCALOIDの性能と価格

このパソコンはABILITY ProとVOCAROIDの動作確認済みであるため、ボーカロイドを利用したい人におすすめのDTMパソコンです。性能が高いスペックを搭載しているため、多重トラックの編集もストレスフリーで快適に行えます。

「ABILITY Pro」とは、インターネット社製プロ用DTMソフトで、常の「ABILITY」と「ABILITY Pro」の2つのモデルがあります。インターネット社といえば「Singer Song Writer」が有名ですが、「Singer Song Writer Lite」「Singer Song Writer Start」はそのまま残り、上位バージョンだった「Singer Song Writer」が『ABILITY』に変わりました。

ABILITY 2.0 Pro

「VOCAROID」とは、ヤマハ株式会社が開発した歌声合成技術及びその応用ソフトウェアです。音符と歌詞を入力するだけで楽曲のボーカルパートを制作でき、声優や歌手など本物の歌声を使い合成することにより、自然で複雑な表現が可能となったソフトウェアです。

YAMAHA ヤマハ VOCALOID4 Editor for Cubase

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:インテル Core i7-6700 (3.40GHz-4.00GHz/4コア/8MBキャッシュ)
  • グラフィック:インテル HDグラフィックス530 (CPU内蔵)
  • メモリ:8GB DDR4 SDRAM(PC4-17000/4GBx2/2チャネル)
  • ハードディスク:1TB HDD
  • SSD:240GB SSD
  • 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
  • マザーボード:インテル H110 チップセット マイクロATXマザーボード
  • 保証:持ち込み1年保証 ※究極の保証セーフティサービスを追加できます。

2つ目のおすすめは、ドスパラ会員ポイントで安く購入できること!価格はその時々のキャンペーンのクーポンの使用やポイントの使用で変動しますので、随時確認をお願いします。

現在のポイントと価格はこちら

raytrek-DTM BMの性能と価格

このパソコンは静音CPUファンで無用なノイズを抑制しているため、自宅録音のマイク録りをしたい人におすすめです。また必要なスペックも満たしているので、なるべく安い価格で購入したい人や、音楽制作をこれからチャレンジしたい人におすすめのDTMパソコンです。

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:インテル Core i5-6500 (3.20GHz-3.60GHz/4コア/6MBキャッシュ)
  • グラフィック:インテル HDグラフィックス530 (CPU内蔵)
  • メモリ:8GB DDR4 SDRAM(PC4-17000/4GBx2/2チャネル)
  • ハードディスク:1TB HDD
  • 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
  • マザーボード:インテル H110 チップセット マイクロATXマザーボード
  • 保証:持ち込み1年保証 ※究極の保証セーフティサービスを追加できます 

2つ目のおすすめは、ドスパラ会員ポイントで安く購入できること!価格はその時々のキャンペーンのクーポンの使用やポイントの使用で変動しますので、随時確認をお願いします。

現在のポイントと価格はこちら

raytrek NUC K3Hの性能と価格

このパソコンは音楽スタジオに持ち運びも可能な音楽制作用ミニパソコンであるため、スタジオなどに持ち込んでバンドなどの一発録りをしたい人におすすめのDTMパソコンです。

  • OS:Windows 10 Home 64ビット (ディスク付属)
  • CPU:インテル Core i3-7100U (デュアルコア/HT対応/定格2.40GHz/L3キャッシュ3MB)
  • グラフィック:インテル HDグラフィックス620 (CPU内蔵)(HDMI 2.0a x1、USB-C (DP1.2) x1)
  • メモリ:8GB DDR4 SO-DIMM (PC4-17000/4GBx2/2チャネル)
  • ハードディスク:500GB HDD (5400rpm)
  • SSD:250GB SSD (M.2スロット / AHCI接続)
  • 光学ドライブ:光学ドライブ無し
  • マザーボード:インテルNUC NUC7i3BNH (ベアボーンキット)
  • 保証:持ち込み1年保証 ※究極の保証セーフティサービスを追加できます 

2つ目のおすすめは、ドスパラ会員ポイントで安く購入できること!価格はその時々のキャンペーンのクーポンの使用やポイントの使用で変動しますので、随時確認をお願いします。

現在のポイントと価格はこちら

おすすめのDTMパソコン「SENSE」

SENSE-M037-i7-UHT-DACの性能と価格

このパソコンはSteinberg Cubase(スタインバーキューベース)対応モデルとして販売されているため、DAWソフトCubaseで音楽制作をしたい人におすすめのDTMパソコンです。

Cubaseとは、スタインバーグが開発したMIDIシーケンサ及びデジタルオーディオワークステーションの機能を持つ音楽制作ソフトです。

Steinberg スタインバーグ DAWソフトウェア CUBASE PRO 9 通常版 CUBASE PRO /R

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:Core i7-8700 
  • グラフィック:インテル Z370 Express 
  • メモリ:DDR4-2666 DIMM (PC4-21300) 8GB(8GB×1) 
  • SSD:240GB Serial-ATA SSD
  • 光学ドライブ非搭載
  • UHD Graphics 630
  • ミニタワー / microATX 
  • 電源:500W 80PLUS SILVER認証 ATX電源

2つ目のおすすめは、パソコン工房のWEB会員限定クーポンで安く購入できること!価格はその時々のキャンペーンのクーポンの使用やポイントの使用で変動しますので、随時確認をお願いします。

パソコン工房【公式通販サイト】

おすすめのDTMパソコン「Silent-Master Pro」シリーズ

このパソコンは静音検証を何度も繰り返して開発された静音PCのため、マイク録りをする人におすすめのDTMパソコンです。

  • OS:オプション(別売り)
  • CPU:Core i5/Core i7
  • チップセット:インテルZ370 chipset
  • メモリ:4GB DDR4 2400
  • ストレージ:525GB SSD
  • グラフィック:NVIDIA Geforce GTX1050 Ti 4GB標準装備

価格はその時々のキャンペーンで変動しますので、随時確認をお願いします。

現在の価格はこちら

まとめ

以上、おすすめのDTMパソコンのご紹介でした。

DTMパソコンを購入後、あなたに幸せな音楽ライフが訪れれば幸いです!

スポンサーリンク