DTM・DAWにおすすめのBTOパソコンはコレだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これからDTMを始めようと思っている初心者にとっては、どのようなパソコンでDTMが快適にできるのか分からないのではないでしょうか?

そこで今回はメジャーなDAWソフト「Steinberg社のCubase Pro 9.5 / Cubase Artist 9.5 」の最低動作環境を例に、DTMにおすすめのパソコンを紹介していきます!

パソコンは高額な買い物。せっかくパソコン買ってもDAWソフトが動作しない、音切れがある、フリーズをよくする・・・などのトラブルが起きたら泣くに泣けません・・・。

そんなトラブルに遭わないように、DTMにおすすめのパソコンと押されるべきスペックについて詳しく解説します!

スポンサーリンク

DTM・DAWにおすすめのBTOパソコンとは!

DTMに必要なパソコンのスペックは、各DAWソフトの最低動作環境です。
2018年現在、メジャーなDAWソフト「Steinberg社のCubase Pro 9.5 / Cubase Artist 9.5 」の最低動作環境を例にとると、

OS:Windows 7 / 8.1 / 10 (すべて 64ビット版のみ)
CPU:64ビット Intel / AMD マルチコアプロセッサー (Intel i5 以上推奨)
メモリ:推奨RAMサイズ: 8GB (最低4GB)
ストレージ:ディスク空き容量: 18GB以上
推奨ディスプレイ解像度: 1920 x 1080 (最低1366 x 768以上)
グラフィックボード:Direct X 10、WDDM 1.1 に対応したグラフィックボード (Windows のみ)* オンボードを含む
USB 端子: USB-eLicenser (コピープロテクトキー) 接続用
OS 対応オーディオデバイス: (ASIO 対応デバイス推奨)

となっています。

赤字の部分が特に重要です。DTMを快適にするためにパソコンを高速化する重要なパーツでトラブル回避に直結するパーツとなります。各パーツについては後半で開設します。

つまりこの動作環境を満たしているパソコンが、DTMにおすすめのパソコンということになります。それではDTMに必要な最低動作環境を満たしているデスクトップパソコンとノートパソコンを順番に紹介していきます。

DTMにおすすめのデスクトップパソコン

BTOパソコン大手のパソコン工房で販売されているのがSENSE。
SENSEはSteinberg Cubase(スタインバーグ キューベース)対応モデルとして販売しており、デスクトップで4機種、ノートパソコンで1機種とグレードも豊富です。

■SENSE-R039-i7P-UHR-DAC

OSは最新のwindows10 HOME64ビットを搭載。
CPUは第8世代のインテルCore-i7-8700Uを搭載しており高速処理です。
メモリは大容量の16GBを搭載しており、読み込みスピードはかなり速いです。
ストレージは、SSD:240GB+HDD:2TBのダブル搭載で十分な記憶容量。
高性能ながら価格は15万円を切っており、かなり割安です!

SENSE-R03A-i7-UHT-DAC

OSは最新のwindows10 HOME64ビットを搭載。
CPUは第8世代のインテルCore-i7-8700Uを搭載しており高速処理です。
メモリは大容量の16GBを搭載しており、読み込みスピードはかなり速いです。
ストレージは、SSD:240GB+SSD:480GBのダブル搭載で十分な記憶容量。
高性能ながら価格は15万円を切っており、かなり割安です!

SENSE-R039-i5P-UH-DAC

OSは最新のwindows10 HOME64ビットを搭載。
CPUは第8世代のインテルCore-i5-8400を搭載しており高速処理です。
メモリは大容量の8GBを搭載しており、読み込みスピードは速いです。
ストレージは、HDD:1TB搭載で十分な記憶容量。
価格は10万円を切っており割安です!

SENSE-R03A-i5-UHS-DAC

OSは最新のwindows10 HOME64ビットを搭載。
CPUは第8世代のインテルCore-i5-8400を搭載しており高速処理です。
メモリは大容量の8GBを搭載しており、読み込みスピードは速いです。
ストレージは、SSD:240GB搭載でまずまずな記憶容量。
価格は9万円を切っており割安です!

パソコン工房【公式通販サイト】

BTOパソコン大手、ドスパラで販売されているのが「Monarch XH

■性能
・OS:Windows 10 Home 64ビット
・CPU:インテル Core i7-8700 (3.20GHz-4.60GHz/6コア/12スレッド)
・グラフィック:NVIDIA GeForce GTX1050 Ti 4GB
・メモリ:8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/4GBx2/2チャネル)
・ハードディスク:1TB HDD
・SSD:240GB SSD
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ (DVD±R DL 対応)
・マザーボード:インテル H370 チップセット ATXマザーボード
・保証:持ち込み1年保証 ※保証セーフティサービスを追加できます。

■レビュー
・注文後の対応が早く、注文した翌日には発送、翌々日に到着しました。 電源立ち上げが非常に早く、さくさく動いています。 よい買い物をしました。

・納期も早く、希望通りの商品で、不具合もなく良かったです。

・初めてBTOのデスクトップパソコンを購入。主にadobeのソフトを使うつもりで買いましたが、スムーズに動いています。まだ、3D系のものはそんなにやっていないのですが、今のところ問題なし。 音も思ったより静かで良かったです。 届くのも早くて嬉しいです。

ユーザー満足度:4.75   Monarch XH

BTOパソコン大手、ドスパラで販売されているのが「Monarch-X ZK

■性能
・OS:Windows 10 Home 64ビット (ディスク付属)
・CPU:インテル Core i7-8086K (4.00GHz-5.00GHz/6コア/12スレッド)
・グラフィック:インテル UHDグラフィックス630 (CPU内蔵)
・メモリ:8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx1)
・ハードディスク:HDD 無し
・SSD:240GB SSD
・光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ (DVD±R DL 対応)
・マザーボード:インテル Z390 チップセット ATXマザーボード
・保証:持ち込み1年保証 ※究極の保証セーフティサービスを追加できます。

■レビュー
・なかなかに安定したシステムです。7700Kなどよりも確実なパワーアップを感じることが出来るので、非常に期待できるマシンだと思います。

・必要な能力のみハイスペックでコスパ高いPCが買えましたありがとうございます。 

・快適に動作しています。今までディスクトップPCは自作でしたが、初めて既製品を購入手間がいらず、拡張性もあるし、良かったです。

ユーザー満足度:4.75   Monarch-X ZK

DTMにおすすめのノートパソコン

BTOパソコンショップ大手のパソコン工房で販売されているのが、SENSE-14FH054-i7-UHP-DACです。

■性能
・OS:windows10 HOME64ビット
・CPU:インテルCore-i7-8550U
・メモリ:16GB
・ストレージ:SSD:240GB+SSD:480GB
・液晶:14型(非光沢カラー液晶)
フルHD(1920×1080ドット)対応

■特徴
SENSEはSteinberg Cubase(スタインバーグ キューベース)対応モデルとして販売されています。メモリは16GBと大容量のため、サクサクパソコンが動きます。ストレージもSSD:240GB+SSD:480GBのダブル搭載で大容量のため、外付けHDDに保存する手間が減ります。液晶はフルHD(1920×1080ドット) 対応の14型で画面が大きく見やすいので作業がしやすいです。性能的にはDTM上級者向きです。高性能ながら価格は13万円を切っており、かなり割安です!

パソコン工房「音楽制作・編集向けパソコン」

BTOパソコン大手のドスパラで販売されているのが、VF-HEKS940です。

■性能
・OS:windows10 HOME64ビット
・CPU:インテルCore-i7-7500U
・メモリ:8GB
・ストレージ:HDD:500GB
・液晶:15.6型(非光沢カラー液晶)
※フルHD(1920×1080ドット)

■特徴
液晶はフルHD(1920×1080ドット) 対応の15.6型で画面が大きく見やすいので作業がしやすいです。1年保証もついておりオプションで期間延長もできるため、購入後のトラブルも安心です。性能的にはDTM初心者向きです。高性能ながら価格は9万円を切っており割安です!

VF-HEK940

BTOパソコン大手のマウスコンピュータで販売されているのが、m-Book J350SN-M2S5です。

■性能
・OS:windows10 HOME64ビット
・CPU:インテルCore-i7-8250U
・メモリ:8GB
・ストレージ:SSD:512GB
・液晶:13.3型(非光沢カラー液晶)
※フルHD(1920×1080ドット)

■特徴
SSDが512GBと大容量のため、外付けHDDに保存する手間が減ります。1年保証もついておりオプションで期間延長もできるため、購入後のトラブルも安心です。性能的にはDTM中級者向きです。高性能ながら価格は10万円を切っており割安です!

m-Book J350SN-M2S5-A [ Windows 10 搭載 ]

BTOパソコン大手のドスパラで販売されているのが、Critea VF-HEKSです。

■性能
・OS:windows10 HOME64ビット
・CPU:インテルCore-i7-8550U
・メモリ:8GB
・ストレージ:SSD:250GB
・液晶:15.6型(非光沢カラー液晶)
※フルHD(1920×1080ドット)

■特徴
Critea VF-HEKSの重量は1.83kgと軽いので、室内での持ち運びはもちろん、外出先への持ち出しも楽々です。 液晶はフルHD(1920×1080ドット) 対応の15.6型で画面が大きく見やすいので作業がしやすいです。1年保証もついておりオプションで期間延長もできるため、購入後のトラブルも安心です。性能的にはDTM初心者向きです。高性能ながら価格は10万円を切っており割安です!

Critea VF-HEKS

BTOパソコン大手のFRONTIERで販売されているのが、FRNSM711/Dです。

■性能
・OS:windows10 HOME64ビット
・CPU:インテルCore-i7-8550U
・メモリ:8GB
・ストレージ:SSD:256GB
・液晶:15.6型(非光沢カラー液晶)
※フルHD(1920×1080ドット)

■特徴
液晶はフルHD(1920×1080ドット) 対応の15.6型で画面が大きく見やすいので作業がしやすいです。1年保証もついておりオプションで期間延長もできるため、購入後のトラブルも安心です。性能的にはDTM初心者向きです。価格は11万円を切っており、かなり割安です!

FRNSM711/D

DTMに必要なCPU

CPUは人間の頭脳に例えられ、DAWソフトの起動、キーボード、マウスの操作を行う重要なパーツです。CPUチップに2つの処理部があるものをデュアルコア、4つの処理部があるものをクアッドコアといい、コア数が多いものほど高速な処理が行えます。
CPUは高価かつマザーボードとの相性もある頻繁には交換できないパーツのため、初期導入には最も最新の高性能なモデルを選択することがおすすめです。

Core i7:価格は高め。動画編集、オンラインゲーム、音楽制作に向いた高性能CPU。

Core i5:価格はやや高め。十分な処理性能があり、Core i7との差もほとんどない。

Core i3:そこそこの性能があり、一般的なアプリケーションの使用程度なら十分。コストパフォーマンスに優れている。

Celeron:価格は安くいわゆる廉価版。性能はCoreシリーズと比べるとかなり劣る。

Atom:軽量で薄型なので、低価格帯のミニノートPCに使われることが多い。性能はCoreシリーズと比べると劣る。

Intel社のCore-i5Core-i7を搭載したパソコンが、DTMにおすすめです。

DTMに必要なメモリ容量

メモリは作業をする机の広さに例えられ、ソフトやデータの読み込みをする重要なパーツです。ソフトウェア音源やエフェクトを一時的に格納しておく場所としてもメモリは使われます。作業机が広ければ広いほど作業効率が上がるように、メモリの容量が大きければ大きいほど、データの読み込みが速くなります。

メモリの増設はデスクトップPCなら後からでも可能ですが、初めてパソコンを購入する方は、8GB以上を準備しましょう。8GB以上のメモリを搭載したパソコンが、DTMにおすすめです。重いプラグインをいくつも使う方は、12~16GBのメモリを搭載したパソコンが必要になります。

DTMに必要なストレージ容量

ストレージは作業をする机の引き出しに例えられ、作成したデータを保存しておく場所になります。ストレージには、SSD(ソリッドステートドライブ)HDD(ハードディスクドライブ)の2種類があり、SSDはチップにデータを保存し、HDDはディスクにデータを書き込み保存します。

私はSSDを搭載しませんでしたが現在の主流はSSDです。SSDはHDDに比べてデータの読み書きが高速で楽曲や音源のロード時間を短縮できるため、DTMには最適なストレージです。現在は昔に比べてSSDも安価となり、SSD搭載パソコンが購入しやすくなりました。DTMではSSDがおすすめです。またHDDとの合わせ技もあります。

またHDDの読込みや書込みを示す回転速度は7200rpmを推奨します。これは1分間における回転数を表しています。1TB以上のストレージ(SSD+HDD)のパソコンが、DTMにおすすめです。

液晶画面のサイズと解像度

DTMでは液晶画面は重要です。音楽制作はモニターに向かって細かい編集作業と長時間での録音作業がメインとなります。

液晶画面が大きいことで作業領域も広くなり、作業領域が広くなることで画面が見やすくなるため作業効率が高くなります。

推奨ディスプレイ解像度は1920 x 1080 (最低 1366 x 768 以上)となっているため、液晶画面はフルHD対応の15.6インチ以上見やすさと作業のしやすさからオススメです。

また、液晶画面にはグレア(光沢)液晶ノングレア(非光沢)液晶があります。グレア液晶は、パッと見は綺麗な液晶に見えるのですが、光が反射してチカチカして作業しづらくなることがあるので、ノングレア液晶がおすすめです。

DTMに必要なUSB端子の数

周辺機器(マウス、キーボード、プリンタなど)の多くがUSB接続です。データを保存するための外付けHDDもUSB接続です。

DTMではそれらの周辺機器に加え、オーディオインターフェイス、MIDIキーボードなどをUSB接続するのでUSB端子が多く必要になります。

またオーディオインターフェイスには接続する端子がUSB規格の製品と、FireWire規格の2つのタイプがあるので、利用するオーディオインターフェイスに合わせて購入する検討が必要となります。少なくても5個以上のUSB端子を搭載したパソコンが、DTMにおすすめです。

まとめ

今回ご紹介したパソコンは、DAWの最低動作環境を満たすDTMにおすすめのパソコンばかりです。これからDTMを始めるなら検討されてみてはいかがでしょうか?

DTMパソコンを購入後、あなたに幸せな音楽制作ライフが訪れれば幸いです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加