DTM・DAWで使う音楽制作用BTOパソコンの推奨スペック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めてDTMを始める人にとっては、「どの程度のスペックを選んでパソコンを購入していいかわからない!」なんて悩んでいる人も多いはず!

僕もそうでした!

パソコンは高額な買い物。万が一、DAWソフトが動かない、フリーズ、音切れが起きたらどうしよう・・・絶対に失敗したくない!そんな気持ちで一杯でした。

DTMに使うパソコンの購入で重要なことは、パソコンの性能を上げるためのスペック選びです

そこで今回はDTMに使うパソコンのスペックの選び方と、後半では私が実際に購入したDTMパソコンのスペックを公開します。ぜひ、最後までお付き合いください!

スポンサーリンク

OSの選び方

windowsとMacの選択について

DTMに使うパソコンのOSは、WindowsでもMacでもどちらを選んでも音楽制作に問題はありません。自分の好みで決めて良いでしょう。

但しOSによって使えるDAWソフトが決まっていますので、自分が使用したいDAWソフトからOSを決めてください!

Windowsパソコンで行うメリットとしては、周辺機器やプラグインなどの選択肢が多くカスタマイズがしやすいことです。

Macパソコンで行うメリットとしては、洗練されたデザインや使い勝手の良さを支持するユーザーが多く、初心者向けのDAWソフトが最初から無料で付属しているなどがあります。

WindowsのOSは64bit版を選択

WindowsのOSには32bit版と64bit版のものがありますが、32bit版はメモリが3GBちょっとしか使用できません。

DTMに使うパソコンではメモリーの容量を8GB以上は搭載したいので、64bit版を選んでください。ちなみに最近のMacのOSは全て64bitなので、Macの購入を考えている方は問題ないでしょう。

デスクトップとノートのどちらがいいか?

デスクトップ、ノートそれぞれのメリット

DTMに使うデスクトップパソコンのメリットは、拡張機能があるため、あとで容量が足りないなどの理由でスペックの増設(例えばメモリーの容量を増やす)が可能な点です。パソコンの容量を増やせる分、ノートパソコンに比べパフォーマンスが高くなることです。

DTMに使うノートパソコンのメリットは、デスクトップパソコンなどの拡張性はありませんが気軽に持ち運びができる点です。ノートパソコンをスタジオに持ち込んで、スタジオでDTMをしたり、バンドの一発録りをする人にはノートパソコンがおすすめです。

モニターサイズの選び方

DTMではモニターサイズは重要です。音楽制作はモニターに向かって細かい編集作業と長時間での録音作業がメインとなります。モニターが大きければ大きいほど作業領域も広くなり画面も見やすくなるため作業効率は高くなります。

CPUの選び方

CPUはインテルCorei5以上を選択

CPUは人間でいえば頭脳にあたり最も重要なパーツです。CPUはソフトを起動することや、キーボードやマウスの操作を行います。CPUチップに2つの処理部があるものをデュアルコア、4つの処理部があるものをクアッドコアといい、コア数が多いものほど高速な処理が行えます。

DTMで使うパソコンのCPUは、Intel社のインテル Core i5かCore i7をおすすめします。CPUは高価かつマザーボードとの相性もある頻繁には交換できないパーツのため、初期導入には最も最新の高性能なモデルを選択することを推奨します。

CPUの性能と一覧

  • Core i7:価格は高いですが高性能のCPU。動画編集、オンラインゲーム、音楽制作などには必要となるCPU。
  • Core i5:価格はそこそこで高性能のCPU。十分な処理性能でCore i7との差もほとんどない。
  • Core i3:そこそこの性能があり、一般的なアプリケーションの使用程度なら十分。コストパフォーマンスに優れている。
  • Celeron:価格は安くいわゆる廉価版。性能はCoreシリーズと比べるとかなり劣る。
  • Atom:軽量で薄型なので、低価格帯のミニノートPCに使われることが多。性能はCoreシリーズと比べると劣る。

メモリーの選び方

メモリーの役割

メモリーは作業をする机の広さにあたり、ソフトやデータの読み込みをして作業を行う性能を表しています。作業机は、狭いものよりも広ければ広いほど作業効率が上がります。DTMではソフトウェア音源やエフェクトを一時的に格納しておく場所としてメモリーがよく使われます。

メモリーの容量

メモリーは後から増設することも可能ですが、DTMでは最低でも8GB以上のメモリーが必要になります8GB以上あれば問題ないと思いますが、重いプラグインをいくつも使うと足りなくなる場合もあります。安心してDTMをするなら12~16GBのメモリーをおすすめします。

ストレージの選び方

ストレージの役割と種類

HDDは、作業をする机の引き出しに例えられ、作成したデータを保存しておく場所になります。ストレージには、SSD(ソリッドステートドライブ)HDD(ハードディスクドライブ)の2種類があります。違いは、SSDはチップにデータを保存し、HDDはディスクにデータを書き込み保存します。

SSDとHDDの選び方

私はSSDを搭載しませんでしたが、現在の主流はSSDです。SSDはHDDに比べてデータの読み書きが高速で、楽曲や音源のロード時間を短縮できるため、DTMには最適なストレージなのです。

現在は昔に比べてSSDも安価となり、SSD搭載パソコンが購入しやすくなりました。DTMに使うパソコンにSSDを搭載することをおすすめします。

またHDDとの合わせ技もあります。HDDを搭載するなら最低でも1TB以上をおすすめします。また読込みや書込みを示す回転速度は7200rpmを推奨します。これは1分間における回転数を表しています。

USB端子の数について

USB端子は5個以上

現在パソコンの周辺機器(マウス、キーボード、プリンタなど)の多くがUSB接続となっています。データを保存するための外付けHDDもUSBで接続することがほとんどです。

DAWソフトを利用しての音楽制作の場合、それらの周辺機器に加えて、オーディオインターフェイス、MIDIキーボードなどをUSB接続するので、空きのUSB端子が必要となります。

またオーディオインターフェイスには接続する端子がUSB規格の製品と、FireWire規格の2つのタイプがあるので、利用するオーディオインターフェイスに合わせて購入する検討が必要となります。

私が購入したDTMパソコンのスペック!

それでは僕が購入したDTMパソコンのスペックを公開します。赤字の部分に注目してください!

CPU:Intel Core i7-4790 [3.60GHz/4Core/HT/HD4600/TDP84W] Haswell Refresh搭載モデル(標準構成価格95,860円)
CPUグリス:CPUクーラー付属グリス(標準)
CPU-FAN:Noctua NH-D9L [空冷/CPUファン]★高性能CPUグリス NT-H1付属★(+6,120円)
MOTHER:ASRock Z97 Pro4 [Intel Z97chipset](標準)
MEMORY:16GB DDR3 SDRAM PC-12800 [8GB*2枚/メジャーチップ・6層基板](+9,110円)
READER:なし(標準)
HDD/SSD:Seagate ST1000DM003 [1TB 7200rpm 64MB](+1,480円)
HDD/SSD2:なし(標準)
HDD/SSD3:なし(標準)
OptDrive:【黒】DVD; LG GH24NSC0 BL+書込みソフト(標準)
VGA:オンボードグラフィックス(標準)
ExCard:オンボードサウンド(標準)
LAN: Gigabit LAN [1000BASE T] オンボード
CASE:【黒】Corsair Carbide 330R Silent [CC-9011071-WW] ★新入荷!★(+1,340円)
CASE-Option: なし(標準)
POWER:Corsair RM650 (CP-9020054-JP) [650W/80PLUS Gold](+7,420円)
OS:Microsoft(R) Windows8.1 (64bit)DSP版★「DSP版Windows 8.1 らくらく引越しソフト付き!」(+15,930円)
Office:Microsoft(R) Office Personal Premium プリインストール版(+20,450円)
SOFT: なし(標準)
N-PAD    : なし(標準)
保証    : 通常保証1年+延長保証2年(+7,880円)

◎周辺機器(キーボード・マウス・ディスプレイ等)
OTHER2  : なし(標準)
KEY      : 【黒】Logicool Keyboard K120 [USB/日本語109](+1,790円)
MOUSE    : 【黒】Logicool Mouse M100r [光学式](+860円)
Mousepad : なし(標準)
USBメモリ: なし(標準)
無線LAN子機: なし(標準)
SPEAKER  : なし(標準)
MONITOR  : 【黒】アイオーデータ LCD-MF243EBR [23.6型ワイド/D-Sub/DVI/HDMI](+19,950円)
MONITOR2 : なし(標準)

僕はDTMをストレスフリーで、サクサク音楽制作ができる環境を作りたかったので、多少価格が高くてもスペックにはこだわりました。こだわったスペックは以下の点です。

  • OS:Microsoft(R) Windows8.1 (64bit)を選択。
  • CPU:Intel Core i7-4790 を選択。
  • メモリー:16GBを選択。
  • HDD:1TBで7200回転以上のものを選択。
  • 電源:80PLUS Goldで650Wを選択。

DTMでは、ボーカルやギター、ベース、キーボードなどの楽器の録音をするには、DAWソフトで行っていきます。DAWソフトではCubaseやSonarと言ったソフトが有名ですが、これらのDAWソフトをパソコンにインストールして多重録音をしていきます。

パソコンにインストールしたDAWソフトで、録音や編集、マスタリングなどの作業をするわけですが、DAWソフトを動かせるだけの、性能の高いスペックが必要となるわけです。

DTMをするのに重要なスペックは、OS、CPU、メモリー、HDDやSSDになります。DAWソフトを快適に動かすには、CPUがクロック周波数2GHz以上のデュアルコアプロセッサで、4GB以上のメモリーと、500GB以上のHDDが最低でも必要となります。

現在市販のパソコンは、ある程度のスペックは満たしておりますが、数年前のパソコンですと動作が重くなったりフリーズをしたり、使用をしていてストレスを感じてしまうリスクがあります。

またDAWソフトをインストール後の作業として、ソフトシンセやプラグイン・エフェクトを多数立ち上げるなど、音の編集やマスタリングがあります。パソコンが重くなるなどして、作業のストレスとならないように準備しなければなりません。

DTMで使うパソコンには、多数のトラックやプラグインを処理するスペックと、長時間の作業にも耐えうる安定性が必要となります。

パソコン購入の最大の目的は音楽制作です。言ってしまうと上記のスペックの部分はケチってはいけない部分であり、むしろお金を掛けて妥協しないことをおすすめします!

僕がDTMパソコンを購入した際のこちらの記事も参考にしてみてください。

私がサイコムでDTMパソコンを購入した理由とスペックを公開!
今回は、私がサイコムで購入したDTMパソコンのスペックと、なぜサイコムでDTMパソコンを購入したのかの理由についてご紹介いたします。...

おすすめのDTMパソコン

最後に自分でパソコンを音楽制作用にカスタマイズしての購入が面倒や苦手な人に朗報です!

DTM・DAW用に開発された高性能スペックを搭載したパソコンが販売されているのはご存知でしょうか?

パソコン開発のプロがDTM・DAW用に開発したパソコンは動作確認済のモデルですので、DTM初心者も安心して購入できます。当然搭載しているスペックもここで紹介したスペックを満たしています。

  • 自分で一からパソコンのスペックについて勉強が必要。
  • 忙しくてじっくり考える時間が無い人。
  • この記事を読んでもまだスペックについてよくわからない人。
  • どのスペックを選んでいいのか迷ってしまう人。
  • 自分でパソコンをカスタマイズするのが苦手な人。

こんな人にはDTM・DAW専用に開発されたパソコンを直接購入することをおすすめします!

ドスパラで人気の「raytrek-DTM/DAW」

%e3%83%89%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%a94

まずはドスパラで人気のDTM・DAW用パソコンraytrek-DTM/DAWです。

raytrek-DTM/DAWには、これまでのraytrekシリーズや、ハイスペックPC「GALLERIA」で培われた高い安定性と性能が詰め込まれています。

多数のトラックや、プラグインを処理する高性能と、長時間の作業にも当然のように応えてくれる安定性を兼ね備えています。また、入門者から上級者まで多数のスペックを取り揃えているのでチェックしてみてください!

ドスパラ公式サイトへ

※こちらはドスパラ会員ポイントで安く購入できます。

Steinberg Cubase に対応した「SENSE」も人気

%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3%e5%b7%a5%e6%88%bf1

次にご紹介するのがパソコン工房で人気のDTM・DAW用パソコン「SENSE」。

Steinberg社が開発をしているDAWソフト「Steinberg Cubase 8」(スタインバーグキューベース8)に対応したDAW・DTMを開発。Cubase 8はプロも使う本格的なソフトですが、高い性能に反して扱いやすいため、DAWソフトの中でもダントツのシェアを誇ります。

またVSTと呼ばれるプラグインの標準規格を策定したのがSteinberg社なので、多くの機能を後から簡単に追加できます。 追加できる機能として「BFD3」のような高品質なドラム音源データやエフェクター、アンプエフェクトなどがあり、こうした機能を使うことでプロが行う生演奏なみの表現を手軽に再現することが可能です。

こうしたVSTプラグインや「Cubase」は、パソコンの性能向上と共に、高品質・高性能へと進化してきました。そこで、「Cubase 8」上で多数のトラックに対してエフェクトをかけてもしっかりと動作する、DAW・DTM編集向けパソコンを販売。おすすめです。

パソコン工房【公式通販サイト】

※こちらはパソコン工房のWEB会員限定クーポンで安く購入できます。

まとめ

今回私が購入したDTM・DAWで使うBTOパソコンは、主に宅録用として使用するため、作曲・編曲、レコーディング、編集、ミックス&マスタリングまでを視野に入れてデスクトップパソコンを購入しました。スペックの選び方は、その人の目的により異なります。ご自身の予算と目的に合わせたスペックを選んでいただき、快適な音楽制作を送りましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加