私がサイコムでDTMパソコンを購入した理由とスペックを公開!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、私がサイコムで購入したDTMパソコンのスペックと、なぜサイコムでDTMパソコンを購入したのかの理由についてご紹介いたします。

私は元々、Cubaseを使って音楽制作(作曲)をするのが目的でDTMパソコンの購入を検討しました。

パソコンは高い買い物ですから、正直購入前からいろいろ悩みました。価格、性能、スペック、動作、サイズ、ショップ、サポート。とにかく後悔の無い買い物にするために、いろんなサイトで情報を集め、口コミやレビューを参考にし、おすすめの機種や注意点などを調べまくりました。

そして数ある機種やスペックとショップの中から、サイコムでDTMパソコンを購入しました!

DTMパソコンの購入までの経緯として、スペック選びからショップの選択について、ご紹介していきたいと思います。ぜひ、これからDTMを始めたい人の参考となれば幸いです。

スポンサーリンク

サイコムで購入したDTMパソコンのスペックです!

赤字の部分に注目してください!

CPU      : Intel Core i7-4790 [3.60GHz/4Core/HT/HD4600/TDP84W] Haswell Refresh搭載モデル(標準構成価格95,860円)
CPUグリス: CPUクーラー付属グリス(標準)
CPU-FAN  : Noctua NH-D9L [空冷/CPUファン]★高性能CPUグリス NT-H1付属★(+6,120円)
MOTHER  : ASRock Z97 Pro4 [Intel Z97chipset](標準)
MEMORY  : 16GB DDR3 SDRAM PC-12800 [8GB*2枚/メジャーチップ・6層基板](+9,110円)
READER  : なし(標準)
HDD/SSD  : Seagate ST1000DM003 [1TB 7200rpm 64MB](+1,480円)
HDD/SSD2 : なし(標準)
HDD/SSD3 : なし(標準)
OptDrive : 【黒】DVD; LG GH24NSC0 BL+書込みソフト(標準)
VGA      : オンボードグラフィックス(標準)
ExCard  : オンボードサウンド(標準)
LAN      : Gigabit LAN [1000BASE T] オンボード
CASE    : 【黒】Corsair Carbide 330R Silent [CC-9011071-WW] ★新入荷!★(+1,340円)
CASE-Option: なし(標準)
POWER    : Corsair RM650 (CP-9020054-JP) [650W/80PLUS Gold](+7,420円)
OS      : Microsoft(R) Windows8.1 (64bit)DSP版★「DSP版Windows 8.1 らくらく引越しソフト付き!」(+15,930円)
Office  : Microsoft(R) Office Personal Premium プリインストール版(+20,450円)
SOFT    : なし(標準)
N-PAD    : なし(標準)
保証    : 通常保証1年+延長保証2年(+7,880円)

◎周辺機器(キーボード・マウス・ディスプレイ等)
OTHER2  : なし(標準)
KEY      : 【黒】Logicool Keyboard K120 [USB/日本語109](+1,790円)
MOUSE    : 【黒】Logicool Mouse M100r [光学式](+860円)
Mousepad : なし(標準)
USBメモリ: なし(標準)
無線LAN子機: なし(標準)
SPEAKER  : なし(標準)
MONITOR  : 【黒】アイオーデータ LCD-MF243EBR [23.6型ワイド/D-Sub/DVI/HDMI](+19,950円)
MONITOR2 : なし(標準)

DTMパソコンで特にこだわった高性能スペックとは!

私がDTMパソコンで特にこだわったスペックは、

 ■CPU:Core i7
 ■メモリー:16GB
 ■HDD(ハードディスク):1TB HDD 7200回転以上
 ■USB端子3つ以上
 ■電源650W GOLD

です。

CPU、メモリー、HDDに特にこだわったのは、音楽制作をサクサク行うためです。録音した音声データやファイルは、多重録音をしていくと当然容量が重くなってくるため、画面がフリーズしたり、音が途切れたりなどのリスクが伴います。

そんなリスクを回避するため、CPUは最新のCore i7、メモリーは16GB、HDDは1TB HDD 7200回転以上を選択しました。

ここは、ケチってはいけない性能を上げるポイントです。価格を少しでも抑えたくても、

CPUは、Core i5か、Core i7を選択してください。

メモリーは、最低でも8GBは搭載しましょう。

HDDは1TB以上で、回転数は7200回転以上を推奨します。予算に余裕のある人は、SSDでもいいかと思います。

またUSB端子3つ以上にしたのは、音楽制作の録音や編集において、今後いろんなオーディオインターフェイスの利用が想定されたため。多ければ多いほどいいでしょう。後から何かしたくなったときに助かります。

電源をGOLD規格にしたのは、そもそも電源が壊れたらお話しにならないため、信頼の高い最高規格のGOLDを選択し安心を得たかったため。

DTMパソコンのスペックについては下記記事を読んでみてください。

DTM・DAWで使う音楽制作用BTOパソコンの推奨スペック
これからパソコンでDTMを始めたい人の多くが、どんなパソコンを購入すれば、問題なく快適にDTMができるのかわからない人も多いのではな...

購入したDTMパソコンを使用しての感想

DTMパソコンを実際に使用してみての感想です。

結論からいいます。

文句なしの大満足でした!

なぜか?

パソコン起動時の立ち上がりがかなり早い!

フリーズとは無縁で、サクサク快適に動作しました!

モニター画面(23.6型ワイド)も大きくて見やすい!

では次に、私がどういった理由でDTMパソコンの購入をサイコムに決めたのかご紹介していきます。私がサイコムでBTOパソコンを購入した理由等が少しでも参考になればと思います。

サイコム公式サイト

サイコムでDTMパソコンを購入した理由

DTMパソコンを購入する際に悩んだこと

少しでも価格を抑えたい。
サイコムの評判はどうか?
CPU、メモリー、HDDなど、どのスペックを選んだらいいのかわからない?
グリス、電源、マザーボード等、更に細かくすぎて、どれを選んだらいいのかわからない?
サポートは安心か?
すぐに壊れないか?
オーディオインターフェイスの差し込み口がいくつあればいいのか?
インターネットや、ゲームや、DVDも金額内で一緒に使えたら更に良い。
ワードやエクセルも利用できたら尚いい。

まーこんな感じで、高額な買い物だけにいろいろ悩むわけです。

あれもこれも付属で付けたいとどんどん欲望が広がり、当初の音楽制作という目的から外れて予算オーバーとなっては悩むの繰り返しでした。

DTMパソコンを購入する際に重視したこと

いろいろ悩んだ結果、購入にあたってこだわった点を列挙したいと思います。

・価格
・音楽制作がスムーズにできるスペック
・購入後、壊れた際のサポート
・購入してから集荷、配送までの期間

主に上記4点です。理由は簡単です。

価格については当然ですが、少しでも価格を安くして購入したいと思いました。当然、パーツ選びにおいて、高性能のスペックを選べば選ぶほど金額は上がっていきます。どこで線引きをして値段を抑えるかが焦点となります。

スペックについては、せっかく高いお金を出して購入したパソコンなのに、いざ音楽ソフトを入れて作業したらフリーズしまくり・・・なんてことになったら笑えません。ストレスフリーで音楽制作が行えることが絶対条件となります。

サポートについては、当然パソコンですのでいつかは壊れます。場合によっては購入後、欠陥品ですぐに壊れるなんて事態も想定しておかなければいけません。そんな事態に遭遇した際に、スムーズな修理手配により、パソコンが復旧するかが重要となってきます。

配送までの期間ですが、やっぱりパソコンを購入したら楽しみですし、早く音楽制作に取り掛かりたいものです。注文してから何か月も待たされるようでは、テンションもモチベーションも下がります。気持ちよく作業に入りたいものです。

数あるBTOショップの中から、サイコムを選んだ理由

そもそもの話になりますが、私が数あるBTOショップの中から、サイコムを選んだ理由についてお話しします。

サイコムについて、ネットでの口コミや評判を調べると、サイコムのメリット・デメリットは確かにあります。

サイコムの口コミレビューによる主なメリット・デメリット

サイコムの口コミによるメリットの評判

・ネット上での悪い評判が少ない
・壊れてもサポート対応が親切、丁寧
・パーツがしっかりしており壊れにくい
・学校法人、官公庁、研究機関、大手法人への納入実績も多数

サイコムの口コミによるデメリットの評判

・金額が高い

目的は音制制作!PCを購入する際に除外したこと

あくまでも目的は音楽制作用のパソコンのため、ゲームやDVD視聴などの使用については除外しました。

また価格も大事ですが、より良い環境で音楽制作をしたかったため、性能の高いスペック選びを優先し、多少の金額アップは目をつぶりました。

せっかく高い金額を出して購入したパソコンが、フリーズしやすくストレスを感じるような代物は絶対に避けたいと考えました。

また、パソコンがいつ壊れるかなんて、そんな未来の話ははっきり言ってわかりません。

ですので、口コミにあるような壊れやすい等の話は、あまり鵜呑みにしませんでした。

それよりも、壊れた際に手厚いサポート、安心できるサポートを受けられるかどうかを優先的に考えました。

サイコムは、学校法人、官公庁、研究機関、大手法人への納入実績も多数あるため、全体的に信頼性と安心感があると感じました。

購入するに際し、最終的に決めた優先順位

1.性能の高いスペックの選択

2.サポート期間の延長

3.サポート面の評判が良かった点

4.価格

サポート期間の延長

サポート期間ですが、通常保証の1年のところを、7,880円を追加して2年に延長しました!

これも安心を得るためでした。

サポート面の評判

はっきり言って、当たり外れもあると思います。

ですが、口コミの数で言うと比較的悪い評判が少なかったので、安心を得るためにサイコムを選びました。

サポートなんて実際に受けてみないとわかりません。購入する前に参考になるのは口コミの情報くらいしか参考になりません。

サイコムで購入したDTMパソコンの購入価格は!

ざっくりですが19万円弱!

BTOパソコンにしては高いですよね!?でも改めて言いますが、はっきり言って満足しています!それは、

起動時の立ち上がりも早く、快適に動作しているから!

ストレスフリーで音楽制作に集中できているからです!

私は新規でモニターやキーボード、マウスなども購入したので金額はやや高くなっておりますが、中古モニターなんかでもよければ、この部分は削れて価格も抑えられます!

再び言いますが、とにかく性能が高いスペックにこだわってください!

■CPU:Core i7
■メモリー:16GB
■HDD(ハードディスク):1TB HDD 7200回転以上
■USB端子3つ以上
■電源650W GOLD

これからDTMを始める人は、私の公開したDTMパソコンのスペックを参考に、サイコムで見積りをしてみてください。

サイコム公式サイトで見積額を確認

まとめ

10万~15万くらいあれば、かなり高性能のDTMパソコンが組めると思います。今回の記事であなたに素敵な音楽ライフがおくれることを願っております!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加