株を始める準備と基礎知識、証券会社の役割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

証券会社の役割

株式投資を成立させているのが証券会社です。私たち投資家は、証券取引所へ直接注文を出すことはできないため、証券会社が投資家と証券取引所の間に入り、売買注文の窓口となってくれます。証券会社は投資家からの注文を取りまとめ、証券取引所へ取り次いでくれます。

kabu2

証券会社は投資家と株式市場をつなぐ仲介役であり重要な金融機関

証券会社は、私たち投資家が株式投資を行う上で必ず必要となる金融機関です。

私たち投資家は、証券取引所に直接売買注文を出すことはできません。必ず証券取引所の会員である証券会社を経由して、売買の注文を出します。

つまり、私たち投資家が株を売ったり買ったりするには、最初に証券会社へ口座を開設して、その口座から売買の注文を入れるわけです。

証券会社は、投資家と株式市場をつなぐ仲介役であり、私たちが株式投資・資産運用を行っていく上での重要な金融機関なのです。

新規公開株(IPO)や公募株などの募集売り出し

証券会社では、新規に上場した企業の株の販売や、企業が行う公募増資等の募集も行います。こうした株を買うためには証券会社から購入する必要があります。

投資信託や外国株などの販売

証券会社では、株式以外にも様々な金融商品を販売しています。
一部の金融商品は規制緩和によって銀行でも販売されていますが、専門である証券会社の方が種類が豊富であることが多いです。

株を始める準備と基礎知識、目次へ戻る

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加