株を始める準備と基礎知識、証券会社の業務

証券会社の業務は大きく「委託売買業務」「自己売買業務」「引受業務」「募集・売出業務」の四つが挙げられます。これらすべての業務を行う証券会社のことを「総合証券会社」と呼びます。

kabu1

スポンサーリンク

証券会社の業務

1.ブローカー業務(委託売買業務)

ブローカー業務とは、証券会社の本業中の本業で、株式を買いたい・売りたいという人々の注文を広く受け付け、それを証券取引所に伝えるという、いわば人々の代わりに取引を成立させる仕事です。仲介したときに人々から受け取る手数料が証券会社の大きな収入源となります。

2.ディーラー業務(自己売買業務)

ディーラー業務とは、証券会社自らが株券の売買を行って資産運用を行う事を言い、証券会社によって程度は異なりますが、一般の投資家と同じようにリスクを負った業務を行っています。証券会社自身が取引に参加することで、株式の売買で収益を得たり、売買を成立しやすくします。

3.アンダーライター業務(引受業務)

企業や国・地方自治体から発行している株式や債券を証券会社が買い取り、投資家に販売する業務です。発行する側は、証券会社が引き受けることで多くの投資家に販売できます。証券会社は発行会社から支払われる販売代行手数料が収益となります。ただし、売れ残ると証券会社が引き取らなければなりません。

4.ディストリブューター業務(募集・売出業務)

大株主が株式を市場に大量放出する際に、証券会社が仲介をして、市場にその買付けを呼びかける仕事をいいます。証券会社が投資家を募集し、株取引の勧誘をする業務です。投資家を募集するに当たり、各証券会社は様々なサービスを行っています。

まとめ

証券会社の役割は、証券会社は対投資家だけではなく、企業や国などの資金ニーズに対して応える役割もになっています。銀行が「融資」を通じて資金をやり取りする「間接金融(外部)」の担い手であるように、証券会社は「株や債券」などを通じて資金をやり取りする「直接金融(外部)」の担い手であるわけです。

 

株を始める準備と基礎知識、目次へ戻る

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加